人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

映画ですが、一般公募で集めた人を、囚人と看守に分けて、様子の変化を実験するという物語があったと思います(ドイツ映画だと記憶。女優がドイツ人ぽい顔だった記憶があるので。)。実際に、どこかの大学で実験した内容を元にしていると聞いたことがあります。なんという映画かわかるでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

日本では2002年に公開されたドイツ映画「e's(エス)」ですね。
http://www.moritaken.com/goroku/goroku02/41.html

1971年にスタンフォード大学で心理学の実験が行われました。


スタンフォード監獄実験の公式サイトです。
http://www.prisonexp.org/


匿名質問者さんのコメント
こういう実験は、怖いですね。 治験薬の実験、つまり、薬の実験には、最初は動物であるとか、きちんとしたルールがあります。役所もルールをきめています。 ですが、大学のやる各種の実験は、ある意味、野放しなんですね(学問のじゆうかもしれませんけれど)。

匿名回答3号さんのコメント
野放しではありません。 ニュルンベルク綱領 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E7%B6%B1%E9%A0%98 という原則が国際的に定められており、むろん大学もこれを遵守することが求められています。 (このニュルンベルク綱領もナチスの行いを繰り返さないようにという意味で制定されている点が奇遇です) スタンフォード監獄実験やミルグラム実験の問題点は、人体実験というほどでもない社会学実験・心理学実験のつもりが被験者に著しい侵襲を与えてしまった点、また実験の条件上、実験の本当の意味を被験者に知らせることができず、被験者のインフォームドコンセントを得ることが原理的にできないたぐいの研究だったという点になりますか。

2 ● 匿名回答2号

まさか映画があったとは知りませんでしたが、
河出文庫から出ている「服従の心理」(スタンレーミルグラム)
服従実験とは何だったのか―スタンレー・ミルグラムの生涯と遺産(トーマス・ブラス (著)誠信書房などがありますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ミルグラム実験
これのことだと思います。
もともとはアイヒマンテストとも呼ぶようです。
映画の回答は1号の方の回答が正解だと思います。
アメリカでリメイクされた作品もあります。
「エクスペリメント」という映画ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/エクスペリメント_(2010年の映画)


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。アイヒマンテストとも言うのですが、あの有名なアイヒマンからとったのですね。 アイヒマンという苗字はドイツで多いのか少ないのかわかりませんけれど、そういう苗字の人は、ますます困惑しますね。

3 ● 匿名回答4号

GyaOで観たことがあります。(無料)
もしかしたら、現在も有料のストアにあるかもしれません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ