人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

心の病は病気では無いようです。下記回答のコメント欄参照。
http://q.hatena.ne.jp/1372418370#a1206056
また、精神科の薬はどれも脳に取り返しのつかない損傷を与えるそうです。下記サイト参照。
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/kusuri/kusuritop.html

さて、精神病の患者(または過去にかかったことがある人)が入れる生命保険はほとんどありません。
精神医療被害の実態(http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/higai/higaitop.html)の通りなら、自殺や凶悪犯罪を起こす場合に備えた損害保険があってもいいと思います。
こうした損保がすでにあるか、無ければ参入する可能性のある保険会社を教えてください。海外実績がある外資でも良いです。その会社のURL必須(実績URLを書いてくれた人にはポイントを多く配分します)です。
今後の投資先を考えての質問です。

●質問者: だわかき
●カテゴリ:経済・金融・保険 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 朝霞(あさか)
●100ポイント

類似質問が他サイトにありました。
◆うつ病でも加入出来る生命保険やガン保険 | 生命保険のQ&A【OKWave】 :
http://okwave.jp/qa/q7222847.html

下記の保険はうつ病だけでなく、既往症、手術歴がある人でも加入できる保険ですが、割高になるようです。
医療だけでなく、損害補償もあるのが特徴ですね。

◆エース保険のまかせて安心医療保険 :
https://www3.ace-hoken.jp/mcb/index.html?channel_cd=60&center_cd=02
・賠償責任保険金、権利保護費用保険金
・被害事故保険金
-------------------------------------------------
「精神医療被害連絡会ホームページ 」を見て、あらあら、ふふふっ、って思わず笑っちゃいました。
精神科の薬だけでなく、100%安全な薬って無いと自分は思っています。

だからこそ、患者が自分の病気に対して正しい知識を身につける事が重要ですし、能動的患者になることが重要だと考えています。そのため、様々な資料を紐解いたり、自分の体調を細かくメモして診察時に医師とよく相談する、セカンドオピニオンを利用する等が重要だと考えています。
また、自分は東洋医学的見地も重要だと考えています。西洋医学と東洋医学の良い所をミックスした治療を受ける。そして、食生活や日常生活を出来るだけバランスの良いようにする。人間が元々持っている「自己治癒能力」について学ぶ。心の安定のために、趣味などを持つ……等々。自分はそれらにプラスして、マイペースグータラ仏教徒として信心を持つ事が慰めと心の安らぎになっています。
それが今の自分の治療スタンスです。

また、医者だって人間です。良い医者、悪い医者、相性が良い・悪い医者色々です。
悪い医師に当たれば、どうにもなりません。
自分の知人の一人も、薬をバンバン出すタイプの医師に酷い目にあわされています。その方は転院して、落ち着きました。亡き母も相性の悪い医師で症状が悪化し、転院して一時落ち着いた事があります。

ドクターショッピングは良くありませんが、かといって良い医師に出会う事を諦めたらダメだとも思います。

また、一人の患者さんのケースのみを取り上げて「心の病気は病気ではない」というのもなんだかなと思いますね。厚生労働省や医師会、精神神経学会、国内外の研究機関が出した様々なデータを勘案してから「今はこういう状況であろう」という話なら分かりますが。それでも、この地球上に居る全ての精神病患者の傾向を把握しているわけではない、データ収集には限界があるということを分かって欲しいと思います。

人間が一人で調べたり学んだりするには世界はあまりにも広く、情報は多すぎるのです。だから世界はすばらしいのですが。


だわかきさんのコメント
ありがとうございます。 東洋医学をやったら生命保険の適用外になるのではないでしょうか。 朝霞さんは医療に詳しい方とお見受けしますので、教えてください。心の病は病気では無い」というのは極論かもしれませんが、東洋医学や代替医療のように従来の生保でフォローできない範囲を賄う意味で、損保の成長性が高いんじゃないかと思うのです。投資先としてはどうでしょうか?

朝霞(あさか)さんのコメント
まず、<span style="font-weight:bold;">自分は投資顧問関係の仕事をした事がありません。したがって、投資先についてどうでしょうといわれても答える事はできませんし、そもそも投資に興味がありません。</span> 自分が回答出来るのは、うつ病というものと20年近くつきあってきた間に見聞きした経験、情報、学習や、自分の両親や周囲の人々の闘病、または医療情報やニュースによって「たまたま」知った事のみです。 今回は「うつ病の人でも加入できる生命保険、しかも損害保険までついている商品がある」という点、それと、「心の病は病気では無いようです。」という点に関連したお答えを書かせて頂きました。 ------------------------------------------------- 漢方薬でも健康保険適用のものがあります。鍼灸や整体師のマッサージについても健康保険適用されているものがあります。それらについては、生命保険でカバーされると思います。 それ以外のもの、例えば、漢方薬局で漢方に詳しい薬剤師に患者さんの症状に合わせて調剤してもらうとか、整形外科や整骨院以外でのマッサージ、アロマテラピー、気功、薬膳療法などは、自己負担になるでしょう。 なお、うつ病による自殺の場合、生命保険が下りるケースもあるようです。 ◆自殺の場合でも死亡保険金は支払われますか?(FAQ) | ライフネット生命保険 : http://www.lifenet-seimei.co.jp/faq/detail/2687.html >> ただし、精神障害などによる自殺については、死亡保険金をお支払いする場合もあります。 << ◆「夫の自殺はうつ病原因」 生保に保険金支払い命令 - 47NEWS(よんななニュース) : http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008122401000796.html ------------------------------------------------- 質問者さんが「殺人事件を起こした加害者が遺族に慰謝料を支払うために使える損害保険はあるか」というのが質問意図であれば、自分はそれがあるかどうかは分かりません。 自動車やバイク等の保険は、被害者の方への慰謝料の支払いについてカバーされていますね。ゴルファー保険やスポーツ保険についても、自身がケガ等をする他に他者に加害してしまったり物品等損害させてしまった場合に支払われます。 ですが、精神病患者が上記の保険に加入していた場合、支払いが行われるかについては、検索してもちょっと分かりませんでした。 また、殺人を起こすという可能性が一定数の人口の何割かという部分で保険商品として成り立つかどうか判断されると個人的に思います。 個人のHPやブログなどだったのでURLの提示や引用は控えますが、「精神科通院歴 殺人 統計」で検索すると、犯罪白書からの引用と、精神病患者等の数が書かれているページがヒットします。 それらを見て思うのは、この数字なら商品として成立するのは難しいのではないかということです。 ちょっと体調が悪いので、今回はこれぐらいで。

だわかきさんのコメント
お加減が悪いのに詳しいコメントをありがとうございます。 健保適用の漢方薬の紹介をありがとうございます。 「精神科通院歴 殺人 統計」でググってみました。単純に損害保険の商品にするのは難しそうですね。 ただ、これだけの数の精神病患者がいて、保険医療に不満を持っている人が少なくないとなると、何かビジネスになりそうな気がします。 今後ともウォッチしていこうと思います。 ご回答ありがとうございました。

朝霞(あさか)さんのコメント
通院治療という意味で、国民健康保険等の「健康保険」については、精神病の場合、公費負担(自立支援制度)があり、医療費を安く抑える事が出来ます。病院によっては、担当医にお願いしないと申請書類を出してくれない所もあるようですが、大抵は、数ヶ月以上の通院が必要な場合、自立支援制度について説明があるかと思います。そう言う意味で、金銭的には現状、内科等の通院費用よりかは負担が軽いと考えています。 また、症状が重い方には障害年金もおります。 ただ、アルコールや薬物依存からの回復プログラムを受けるため長期入院する場合、その費用については「生命保険」から降りるかどうかは自分には分かりません。 ちなみに、20代の頃、家や家族から離れて一人で静かに過ごしたいということで数ヶ月入院をした時は、母が加入してくれた生命保険(加入時、自分はウツでは無かった)が降りました。 生命保険の場合、どういうケースで保険金が下りるかについて、代理店さんにご相談したほうが早いかと思います。

2 ● HK
●0ポイント

http://www.takiginoh.com/category1/entry13.html
生命保険加入ならこのサイトを参考
----------------------------------------------------
ショックからのうつ(一事的な)だったら保険に入ってもムダ。そこを考えて保険に入ることをおすすめします。


だわかきさんのコメント
回答になってません。

3 ● adgt
●100ポイント ベストアンサー

アメリカではパリティ法という、「健康保険は、他の条件と同等の条件で精神疾患と薬物乱用障害をカバーしなければならない」とする法案が成立しています。
NAMI | Mental Health Insurance Coverage: A Guide to State Parity Law
アメリカのメンタルヘルス政策の流れ--[ストレスケア・コム]
調べてみましたが、アメリカでも精神疾患者の損害賠償保険はないようです。ただ、医療保険が日本においても扱いが変わる流れはあるようなので、精神疾患患者を対象とした保険商品を作る可能性のある保険会社に投資していくという選択肢はあるでしょう。


だわかきさんのコメント
ありがとうございます。 パリティ法の対象は日本の民間の医療保険みたいなもののようなので、アメリカは進んでいるなと思いました。

adgtさんのコメント
私もこの度調べる機会になって興味深かったです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ