人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戸籍謄本にも、戸籍抄本に住所は記載されてないと聞きました。平成になってからの整理(コンピューター化による整理)ですか。
それとも、それは昔からですか。(戦前はどうでしょうか。昭和33年の改製後でも、記載なかったのでしょうか。)

住民票には、当然住所は載っていますね。本籍はどうですか、載っていないですか。平成になってからの整理(コンピューター化による整理)でしょうか。
それとも、昔からですか(戦前の時代、戦後の新家族法の時代)

結局、それでは、住所と本籍を繋げるような証明書は、
もともとあったのでしょうか、そして、いま現在、何かあるのでしょうか。



●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

質問者から

ひょっとすると、住民票の歴史は、戸籍の歴史よりは短いかもしれないと思います。
その時はすみません。

なお、住民票の附票というのがあり、本籍地と住所のつながりを示すということも聞いていますが、これは、現在の本籍地分しかなく、過去の本籍地の分は廃棄されることになっていると聞いています。
私の質問の趣旨は、過去分を含めて(過去の本籍の時期)、本籍と住所の関係を確認したい場合(証明したい場合)です。


1 ● 匿名回答1号

出生から現在までの住所が記載されている公文書は、戸籍の附票しかありません。
ご自身の住所移転の記録が欲しい場合は、本籍地の市区町村役場で戸籍の附票を取得して下さい。

参考サイト

戸籍の附票(ふひょう)を取りたいのですが。(東京都練馬区役所)


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 生まれてからずっと戸籍を移動していない場合で、かつ、附票に書く内容がそれほど多くなく(余白がなくなってしまわず)、という条件を満たせば、大丈夫そうですね。そうでなければ、難しいみたいですね。 なぜなら、 戸籍が異動しますと、その時点でその本籍地での記録は止まる。 附票の住所の欄に余白がなくなったり、附票の様式が変更されたりしますと、 附票が改製され(作り直され)、それ以降の住所は新しい附票に記録される ということのようですから。 かつ、改製された前の附票(「改製原附票」といいます)の保存期間は 5年間しかないそうですし。

匿名回答1号さんのコメント
転籍したり附票が改製されると以前の附票は除票(戸籍の除附票)に変わりますので、戸籍の除附票を取ればいいだけの話です。 http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000037047.html

匿名質問者さんのコメント
戸籍の除附票を取ればいいだけ、 とのことですが、私の次の理解は誤っているでしょうか。 戸籍の除附票ですが、戸籍が除籍された場合は、 『除戸籍の附票』、つまり 「除かれた戸籍」の「附票」) ということで、 「「除・戸籍」の「除・附票」」となるのでは、と思ってます。 本体たる戸籍が「除」状態なので、従たる附票も「除」状態ということです。 よって、本体たる戸籍自体は除籍されて閉じられると、 「除附票」というのは、5年の命で廃棄される、 と考えているのです。 ですから、 たしかに、出生時の附票が手に入れば、出生からの住所履歴が記録されている と思いますが、それが、なんらかの理由で「除・附票」になったら、 5年しか寿命がありません。 よって、除附票では必ずしも遡れないと思います。 “除附票が現在、存在する最強の手立てゆえ、これでダメなら諦めよ”、 という意味ならすっきり分かるのですが。 いかがでしょうか。

匿名回答1号さんのコメント
除附票の保存期限は原則5年ですが、実際にいつ廃棄されるかは市区町村により異なります。 例えば東京都北区役所は平成2年11月以前の除附票は廃棄されていますが、それ以降のものは保存されているそうです。 (http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/011/001135.htm) 人口の移動が少ない市区町村役場(多分、小さな市か町村)では5年以前の除附票が取れる可能性があると思います。 (こればっかりは除附票を取る市区町村役場に問い合わせてみないと分かりません。) それとこういった質問(戸籍に関する一連の質問)は、匿名質問で無い方が回答が集まりやすいですよ。

匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 匿名だと、嫌がられてしまうかもしれないのですね。 あるいは、そもそも、大変混み行った内容だから、ご回答される方も、匿名以外で回答された方が回答しやすいかもしれないですね。

2 ● 匿名回答2号

住民票記載事項証明書ではダメなんですか?

五 戸籍の表示。ただし、本籍のない者及び本籍の明らかでない者については、その旨

住民基本台帳法第7条 - Wikibooks

または戸籍の附票とか。

第十七条
戸籍の附票には、次に掲げる事項について記載(前条第二項の規定により磁気ディスクをもつて調製する戸籍の附票にあつては、記録。以下同じ。)をする。
一 戸籍の表示
二 氏名
三 住所
四 住所を定めた年月日

住民基本台帳法
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ