人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

梅雨時の今やこれからの暑い日、しんどいのは体に熱がこもるからだと思うのですが
どうして体に熱がこもるとしんどいのでしょうか。

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● adgt
●25ポイント

梅雨や日本の夏は湿度が高く、汗が蒸発しにくいからです。

液体が気体に変わる時には、気化熱として表面の温度が奪われます。お風呂上りに体が冷えやすいのはそのためです。湿度が高い状況では、水分が気化しにくいため、体から熱が逃げにくい状態になっているのです。
気化熱
節電の夏を乗りきるための『気化熱』利用 - 凹レンズ(旧館)


2 ● martyan
●25ポイント

38℃の日は暑いのに38℃の風呂に入ると熱くないのはなぜか
http://b.hatena.ne.jp/articles/201208/10318
っていう中学生の文部科学大臣賞をとった研究。
熱さ(暑さ)を感じるのは、外の温度と皮膚温の温度差が大きいかららしい。
つまるところ皮肉なことに汗をかかなければ皮膚の温度が外の温度と同じになってあまり暑く感じないらしい。(ほんまか?)

梅雨の時は湿度が高いから外の熱が体に伝わりやすいと思うんだけど、
外の温度の方が体温より低いから逆に比較的暑さの割に
涼しく感じるんじゃないんだろうか。

むしろ日照時間が少ないからあびる光が少なくてとか湿度が高いとかで
鬱に近くなるとかの方が大きいんじゃないんだろうか。
http://matome.naver.jp/odai/2134059669611236501


まあそもそもタンパク質が45℃程度で凝固し始めるらしいから体温が変わることでなんか体の機能が崩れるというのは十分あると思う。


3 ● だわかき
●0ポイント

熱中症(またはそれに近い状態)になるからです。

熱中症は体温調節がうまく働かなくなった状態で、発汗による循環血液量の減少、神経活動の異常など、身体の平衡を保つ様々な仕組みのバランスが崩れ、そのまま放置すれば死んでしまいます。


4 ● エネゴリ
●25ポイント

原因は
http://www.meiji.co.jp/sports/savas/lecture/n9_1.php
http://www.kanpoos.com/herb/index2_07.html
湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、体内に熱がこもり体温調節がうまくいかなくなるからだそうです


5 ● otusoham
●25ポイント

http://www.kamijo-med.com/natu.html

これに似た症状が起きるからだと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ