人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

数百人規模の小規模イベントを開催するのですが、受付から当日の来場者チェックまでをスムーズに、低コストで行いたいと思います。
参加者の情報をリスト化して、当日バーコードリーダーなどで簡潔に受け付けができればと思いますが、低コストで、という事もあるのでエクセルで関数を使って・・という事も検討しています。
そこで疑問ですが、通常はどのようなソフトを使って来場者チェックを行うものでしょうか?
また、こういったケースでのバーコード発行についても、どのような方法が一般的か教えて頂けると助かります。

●質問者: hamocha
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun
●140ポイント ベストアンサー

受付といっても、「入口が何箇所か」「何時間あけるのか」「そこで何をするのか:特に会費を受領するのか、資料などを渡すのか」、「受付に同時に何人まで人を配置
できるのか」などわからないと最適な回答はできません。ただ、数百人だったら、
別にバーコードなど使わなくても受付番号を50ずつ、十数枚の紙に(エクセルで
事前に作ってプリントしておいて)、受付係がチェックする、だけでもできますが、それではダメなのでしょうか。


hamochaさんのコメント
入り口は一箇所で、1時間あけて、来場予定者の未着が確認できて、1人で・・といったようなイメージです。やはりバーコードが活きるのは数千から数万人規模の場合になるでしょうか?

sibazyunさんのコメント
仮に600人として60分あけてというと、1分で10人ですね。それは、仮にバーコードを 導入したとしても、1人でというのは厳しいですね。受付は、何やかんや聞かれたり しますから。ですので、アルバイトをやとうか、仲間でボランティアするのが 現実的でしょう。 ただ、それでも、資料の受け渡しなどの複雑なことはないようにおみうけします。 来場者には事前に受付番号が知らされていて、それを持参するという前提ですね。 (それでないと、バーコードも無理ですので)。 そうならば、参加者にあえて、名札(番号と名前入りか、番号だけか)を入口で 自分でとっていってもらうのが実際的でしょう。

hamochaさんのコメント
確かに。1人は無理そうですね。バーコード式にするとして、PC2台以上だとリアルタイムの連動を実現するにはサーバを立てる必要がありそうですし、CSVにして溜めておいて後で合体させるというのが現実的かもですね。

sibazyunさんのコメント
まず基本的なこととして、リアルタイムに不在者を知る必要があるかですね。 後で整理してよいなら、事前送付した入場票かなにかを回収して、番号順に 手でソートすればよいですから。たかだか3桁の数値ですね。百位、十位、一位 ごとにやれば一人で30分あれば充分ですよ(年賀状のあたりを調べる要領)。

hamochaさんのコメント
素晴らしいです。

sibazyunさんのコメント
念のため、当方の経験。二千人規模の国際イベントの受付窓口の設計経験あり。 ただし、リアルタイム把握の必要はなし。

hamochaさんのコメント
心強いです。リアルタイム把握はしない方向で進みます。 ありがとうございます。

2 ● だわかき
●30ポイント

ケータイやスマホで表示できるQRコードを使った入場券システムが簡便で、安上がりです。

シャノンのイベント受付管理システム
http://www.shanon.co.jp/lp/event/


hamochaさんのコメント
ありがとうございます!

3 ● ラフティング
●30ポイント

PeaTiXはいかがでしょうか?
http://peatix.com/


hamochaさんのコメント
ありがとうございます!
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ