人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ズバリの回答には1000ポイント進呈】遠隔地に有る12Vバッテリーの電圧(残量)を把握する方法を探しています。

山間部やゴルフ場等に、12Vのバッテリーを設置し、バッテリーの残量(電圧)が減ってきたら充電を
したいと考えています。
バッテリーの電圧を監視し、指定電圧以下になったらメール等で通知してくれる機械やサービスは有りますでしょうか。

http://www.masiki-denchi.co.jp/miharu
こちらのサービスが良さそうでしたが、バッテリー1台につき月に25000円程の費用がかかるため断念しました。

1つの拠点にバッテリーを数台設置することも有るため、月の費用を3000円以下に抑えたいと考えています。

携帯の通信モジュールを搭載した電圧計などがあればよいのですが。

無線LAN対応のワットチェッカー等を最近みかけるようになりましたが、12Vのバッテリーの電圧チェッカーで無線LANや通信対応が有ればご教示ください。


●質問者: and_sin
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● だわかき
●50ポイント

LAN接続による電圧計データロガー TLAN-08VMA/TLAN-08VMD
http://www.ipros.jp/catalog/detail/230576/
8チャンネルの入力を持ち、チャンネルごとに電圧レンジが設定可能です。LANに接続することで、遠く離れた場所の電圧測定が行えます。


and_sinさんのコメント
ご提案ありがとうございます。 メーカーさんに問い合わせてみます!

and_sinさんのコメント
メーカーさんに問い合わせたところ、本製品は10Vまでの測定しかできないとのことでした。 その他、導入には難しい条件が出てきてしまい、採用は難しそうです。 引き続き良い方法がありましたらご提案ください。

2 ● j4mika
●60ポイント

メールというのは難しいですが、アナログな方法ですと、電圧計の前にスカイプ+カメラ付きの無線LANのついた格安PCかスマートフォンを用意して、時々チェックするというのはいかがでしょうか?
自動対応にすることで実質遠隔地の監視カメラになります。
http://jcocolog.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/skype-0ea2.html
海外から自宅の状態をチェックすることもできましたので距離は関係なくなります。

あとは、趣味になりますが、Arduinoなど自由に設計できるもので電圧計を作り測定し規定値で判定してメールを飛ばしたりする方法もありそうですが、マイコン工作などに強くないと難しいかもしれません。


and_sinさんのコメント
ご提案ありがとうございます。 カメラで撮影というのはナルホドと思うアイディアですが、バッテリーの台数が数十台と増えてきたら管理が追いつかなくなりそうですね。 アナログの電圧計を月数百円のデータ通信+スマホで自動撮影してメール添付は数台での運用は良さそうですが、安定性に不安が残ります。 実現性は難しいかもしれませんが、検討させて頂きます。

3 ● holoholobird
●30ポイント

http://www.palsoft.co.jp/contents/product-solution/beagleone-a.html
海外含めていろいろ調べましたがやはり初期コストが大きくかかりますね。
月当たりの費用が安いものもありますが、数十台分を3000円でとなると……


and_sinさんのコメント
初期コストは1台辺り5万円以下を希望しています。 月の費用は、1台辺りMAXで3000円以下を希望しています。

4 ● sinrabanshyo
●60ポイント

こんなイメージなんでしょうか。。

http://www.e-care3.net/download/document/Berries_leaflet.pdf

どちらにしろバッテリーに関するセンサが必要ですし、それに関わるネットワークも
いるんでしょうが。。。


5 ● Beirii
●1000ポイント ベストアンサー

以下の様な感じでどうでしょうか?

1拠点に親機(下記参照)を1台設置し、バッテリー1台毎に子機(下記参照)を設置します。
親機は無線通信にて子機から電圧データを収集します。
監視電圧を下回った際にEメールで指定アドレスにメールを送信します。
(親機はNTTドコモFOMA / Xi に対応した標準サイズのSIMカードに対応しています。)

親機:モバイルベースステーション(T&D)
RTR-500MBS(標準価格:47,000円)
http://www.tandd.co.jp/product/dataloggers/rtr500mbs/
機能:子機から記録データを無線通信で吸い上げ、携帯電話回線経由で記録データをEメール/ FTP送信します。
電源:AC100V、または外部電源(DC8-34V)

子機:ワイヤレスデータロガー(T&D)
RTR-505V(標準タイプ、標準価格:22,000円)、またはRTR-505VL(大容量電池タイプ、標準価格:25,000円)
http://www.tandd.co.jp/product/dataloggers/rtr500loggers/
機能:最大レンジ0?22V(分解能10mV)
無線通信距離:約150m (見通しの良い直線において)
電源:リチウム電池
電池寿命:約10ヶ月(大容量電池は約4年)
オプション:VIM-3010 (電圧モジュール)標準価格:6,000円


無線通信距離が150mとギリギリなんですよね。
150mを超える場合は、中継機RTR-500C(標準価格:27,000円)を利用可能です。

初期費用は、バッテリー1台あたり約3万円+1拠点あたり約5万円となります。
また月々のランニングコストは、親機の携帯通信料×親機の台数となります。
「最も安いプランなら月額493円」とのことです。


and_sinさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 まさに「コレ!」です。 ズバリの回答ありがとうございます。 これにて質問は閉じさせて頂きます。 お約束通り1000ポイント進呈させて頂きます。

Beiriiさんのコメント
お役に立てたようで何よりです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ