人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

たとえば 会社が 昼食の半分を 負担して 給料をその分 減らした場合とか
本来ならば 給料として課税されるものを 会社側の負担にすることにより
非課税にすることができるものがありますが、それらは 会社や個人にとってよいものでしょうか?



昼食補助
会社の創立記念日で 5年ごとに 1万円の商品券の支給。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

たしか、昼食半額ぐらいまでの補助なら非課税ですが、商品券は無理だと思いますよ。創立記念日だろうが倒産記念日だろうが賃金と見なされると思います。
会社にとって良いかどうか?
賃金の額面が減りますので、それを元にする諸経費を減らす事が可能です。退職金、年休、時間外割増、社会保険料。
非課税の範囲なら会社にとってのデメリットはあまり無いと思います。

個人にとっては、上記が減る反面、所得税も減ります。
それぞれ、賃金規定、額や働き方、等でプラマイが逆転するかと。


匿名質問者さんのコメント
>商品券は無理だと思いますよ。 >創立記念日だろうが倒産記念日だろうが賃金と見なされると思います。 知らないんですね。 非課税になる条件っていろいろありますよ。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ