人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ここ最近あなたが読まれた本(漫画以外)でオススメはありますか?


なかなかゆっくりと本屋に入り浸れる時間がなく、いつも店員さんのおすすめ本や平積み、POPに誘導されております。

今読み進めているのは、

真夏の方程式ー東野圭吾
ジグβは神ですかー森博嗣
世界から猫が消えたならー川村元気
ガソリン生活ー井坂幸太郎
無限を読みとく数学入門ー小島寛之
64ー横山秀夫
永遠の0ー百田尚輝

と、まあ、あちこちに置いて平行で読んでおります。

未読本も本棚にあるのですが、そこはこれからの楽しみにと期待致します。なんのこっちや。
どうも最近偏りがち(?)な気がしていまして…
感想や、おすすめポイントなど添えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。


●質問者: たる
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● ふこ
●15ポイント

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫)

冒頭に基礎となる説明も載っているので割と助かります。
もちろんク・ホリンもしっかり載っています。

偏りがちということでしたら、
サイズは文庫ではありませんが

ベクトル解析演習 (1971年) (数学選書)

ベクトル解析演習 (1971年) (数学選書)

まだ途中から最後の少し前まで読んでいませんが
一次独立や外積の話から始まってテンソルまで載っているうえに
それぞれに関する問題も載っています。
外積は今まで読んだ中で一番わかりやすい説明の載っている本でした。

タイトルの通りスペイン語がメインの本で、最後には小規模な辞書のようなページもついていますが、
スペイン語の知識だけでなく、
関連する歴史や旅行、学んだ時の経験なども書かれています。


と、どれもそれほど新しい本ではないですが最近読んだ中ではおすすめです。


たるさんのコメント
>ケルトの神話 面白そうです。不思議は好きなので(^^) >ベクトル解析演習 興味は凄くありますねぇ。しかし、高卒基礎解微積少々で止まっている脳みそがついて来てくれるでしょうか? 数学は好きなんですけど… >スペイン語入門 まずはスペイン入門から始めた方が良さそうなほど、スペイン知らずですが大丈夫でしょうか? でもスペインまるごとわかりそうな本ですね。 ありがとうございます!

2 ● ラフティング
●5ポイント


真田太平記を読んでから、池波正太郎をチョット読み続けていこうと思い、今読んでいるところです。

まだ、上巻の途中までしか読んでいませんが、早くも引き込まれています☆


たるさんのコメント
鬼平で挫折した私ですが、大丈夫かなぁ?

3 ● UTX
●15ポイント

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

数学好きなら是非とも読んでみてください。
三角比、0除算、四色問題などの問題が分かりやすく書かれています。

あと、定番推理ミステリー

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

これはもう有名ですね。


たるさんのコメント
>浜村渚の計算ノート 良さげですね♪私の脳ミソでもついていけそうなところがナイスです。 >そして誰もいなくなった おお、有名ドコロ。面白いですね。 ありがとうございます(^^)

4 ● 朝霞(あさか)
●15ポイント

江戸吉原図聚 (中公文庫)

江戸吉原図聚 (中公文庫)

江戸時代、吉原遊郭の風俗について図入りで紹介されています。自分はたまたま、人文系に強い古本屋で見つけて購入しましたが、値段はちょっと高いです(^^;
ですが、こういう「歴史の教科書には載っていない歴史の一面」というのに興味がある自分としては、非常に面白い本でした。遊女達のランキングのルール、様々な用語、遊郭で遊ぶ上で知らねばならぬこと、店の仕組みなどなど…… 当時の風俗画も豊富に掲載されています。

◆青空文庫 図書カード: 寺田 寅彦 柿の種 :
http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/card1684.html

寺田氏の、地球物理学者である「理系的」な面と、俳人等としての「文系」の面、両方が混じり合った美しい随筆です。スマホで「縦書きビューワー」を使い、地下鉄車内や待合室で読んでいます。二つを兼ね備えた視点から大正末期?昭和初期の寺田氏の周囲に起きたことなどが書かれています。関東大震災についても触れています。
出会うのが遅すぎた……もっと早く知っていればと大変後悔していますが、青空文庫からダウンロードして、合間合間に他の随筆も読んでいます。


たるさんのコメント
吉原遊郭についてはちゃんと読んだことがなかったので、興味深いですね。 文庫としてはお高いですけど、画集としても楽しめるようなので大丈夫です(^^) 電子書籍は苦手なもので…関連本はまた古本屋街へ行った時に見てみます。 ありがとうございます^^

5 ● 黒い物体
●10ポイント

夏のレプリカ REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫)

夏のレプリカ REPLACEABLE SUMMER (講談社文庫)

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)

幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC (講談社文庫)

この二つはセットで楽しんでもらえると思います
森さんらしい遊び心がある面白い小説です(*´ω`*)
分からない所が結構ありましたが、それを考えるというのもいいと思います
読み返してみると分かるところがあったり‥何度読んでも飽きません^^

少女と殺人鬼

少女と殺人鬼

誘拐された少女と、一家殺人鬼との恋愛話です
現実離れしている感じではなく、現実味のある話となっています
実は私、最後あたり感動して思わず泣いてしまったんでs((
私の涙腺が緩かっただけかもしれませんが、それほど感動できる話です
携帯小説ですが、縦書きで読みやすくなっていますので 違和感なく読めると思います。本当にいいお話なので読んでみて下さい(´∀`*)


たるさんのコメント
>夏のレプリカ >幻惑の死と使途 森博嗣好きですよ♪ S&Mシリーズ良いですね♪ >少女と殺人鬼 映画のような、、と思ったら『レオン』が頭をよぎりました。(知らんかなぁ?古いし^^;) おばちゃんの硬い頭が最近の恋愛小説を遠ざけてるなあと(><) 純文学は読むんですが、やっぱり読まず嫌いはダメですかねぇ。 よし!いっちょ挑戦してみます! ありがとうございます(^^)

1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ