人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鎌倉時代の守護・地頭のうち、特に、地頭のことです。地頭は、私領・公領(荘園/国衙領)ごとに設置したということですが、それ以外の土地もないのか、です。
もし、そういう土地があれば、そこは「『地頭なし』の土地」となるのか?
それとも、そんな私領でも公領でもないような土地は、そもそも存在しなかったのか?

<1>日本全国の土地にある、?すべての荘園・国衙に設置したということ?、それとも、?すべての荘園等に設置する権利を得たということ?
<2>日本の土地のうち、荘園・国衙領ではなかった場所というのは存在しないの?
たとえば、建物が建っている場所(東大寺の荘園ではなく、東大寺の境内。内裏。公家の屋敷。)、荒地、山林、こういうところは地頭は置きようがない、とも思えますが、どうでしょうか、これは私領でしょうか。国府・郡府の役所の場所は、国衙領でしょうか(郡役所の建物の土地も)。
それと、山林とか荒地とか砂浜とか、年貢が取れないし、誰もいなさそうなところ。
<3>念の為:荘園の中の、管理人と屋敷の土地、荘園の中の耕作者の屋敷の土地は、荘園に含まれると思っています。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%A0%AD
1源頼朝が朝廷から認められ正式に全国に設置した。

2地頭(じとう)は、鎌倉幕府・室町幕府が荘園・国衙領(公領)を管理支配するために設置した職。


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。守護なのですが、すべての国に設置したと思っております。或いは、設置しなかった国があれば、それは将軍自らが守護の位置付け(そもそも、全国惣守護なので)。 地頭は、すべての土地なのか、と気になるのです。荘園として開拓されなかった場所は、国衙領の扱いになるのかな、とも思いましたが、いかがでしょう?しかし、そういう場所の地頭になってもウマ味はないし、誰も、地頭職に任じて呉れとは言わないと思います。

匿名回答1号さんのコメント
頼朝傘下の地頭の公認については当然ながら荘園領主・国司からの反発があり、地頭の設置範囲は平家没官領(平氏の旧所領)・謀叛人所領に限定された[4]。しかし、後白河法皇が建久3年(1192年)に崩御すると朝廷の抵抗は弱まり、地頭の設置範囲は次第に広がっていった。 山野河海の収益は、地頭と荘園領主・国司が折半する。

匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 「山野河海の収益は、地頭と荘園領主・国司が折半する。」ですが、 当該の山野に接する荘園があれば、そこの地頭と荘園領主で折半、 当該の山野に接する国衙領があれば、そこの地頭と国司で折半、 当該の川や海に接する荘園があれば(川岸たる荘園、浜岸に接する荘園)、 そこの地頭と荘園領主で折半、 当該の川や海に接する国衙領があれば、・・・ ですね。 これで、すべての土地が網羅されることになります(つまり、山野の猟も)。 また、河川の漁業等の収益も。 !!!

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ