人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

唾液で口臭を防ぐ。新鮮な唾液には、酸素が含まれてる。そのため嫌気性バクテリアの繁殖を抑えて、口臭の発生を防ぐ。ということですが、新鮮な唾液の分泌はどうすればいいでしょう。いちど出して口に貯めておくだけではダメなのでしょうか(新鮮ではなくなる。つまり酸素がない。から)。貯めておいてもダメなら、寝ている間について、方策がないようでとても気になります。

要するぬ、唾液は酸素を失うことで、すこしすつ性質が変化して役に立たなくなるのですね。

なお、唾液は、乾くと、いやな匂いを出します。これは、どういう仕組みでしょう。嫌気性バクテリアの活性化と関係あるでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

結論からさきに言うとしょうがないとあきらめたほうがいいです。
嫌気性のが派手に活動するには歯のよごれが大量にあるってことですから歯のカスは良く取る。水でくちをゆすぐ。それは対策できますが、それ以上のことはムリ。
だって口をだらーとあけておいたほうが酸素は供給されますが始終口をあけたりものを食べてるのってバカみたいですからね。
カスがなくても、嫌気性と好気性の細菌が絶対に少しずつは居ます。だからだれだって唾が乾いたらクサイのはしょうがないです。唾にはいろいろ入ってて健康なのですし。


2 ● 匿名回答2号

唾液自体は綺麗なのですが、口の中は残念ながら1号さんのおっしゃるように清潔とはいえない状況なので、分泌するやいなや、唾液に菌が混じってにおいがするようになります。
これはどうしようもないです。だから溜め込むというのはあまり得策ではありません。
唾液はミネラルが豊富で歯の再石灰化を促しますし、飲み込めば健康にいいです。唾液に混じった菌は胃の中では生きられません。
だから、しっかり歯磨きして、いつも唾液が豊富にでるようにしておく。
唾液があまりでないで口の中が渇き気味だとますます環境が悪くなりますから。


匿名質問者さんのコメント
飲み込めば健康にいいですとは、良いものが含まれるからですね。栄養になるものや、消化酵素が入ってるから。 あるいは、 飲み込んで、口の中の悪い菌を、口腔から洗い流すという意味ですか。胃の中に入れば無害化されるので心配ないし。

匿名回答2号さんのコメント
ミネラルが入っているという点ですね。もちろん、口腔から洗い流すということでも健康には役立ってるだろうと思います。 ちなみに、歯磨き粉を使うと歯磨き中に分泌した唾液を飲み込めないので、わたしは使ってません。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ