人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ドキドキ!プリキュア」第26話の感想をお願いします。7/28放送の「ホントの気持ちは?六花またまた悩む!」についてです。

●質問者: "キュア"ムーンライト
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● エリカナ
●100ポイント

今回はりっちゃんが・・・・・・・・・・・
マナちゃんの夢が総理大臣!?w
DVDはもう発売してるのか
ルフィがいじめられてるw
あ、ドッドーン!(プテラゴードン風)
久々の眼鏡キター!
え?デート?え?ちょ・・・・・え?
誰もいないっていうw
死んでるw
優しいね
めっちゃいい人になったなw
声かれてる?
うん天使だもん
あ?ん系?
やべ絶望した
俺はもう何も見なかった・・・・・・・・うん
もうそのまままでいいんじゃね?
エースひど!
お前最低だなw
やめろー!
みんな!
さぁどうすんよ
あ!今のは・・・・・・・・はぁりっちゃん絶望してファントム生み出すな
f:id:meteo:20130505141731p:image
あ!記憶戻ってない!よかった?
覚えるな?
りっちゃんオワタ
わざと!?
あ!今自分は希望を取り戻した!
スマプリでビューティでも最後のやつでキャラソン流れてたな
イーラもう1回記憶喪失になってくれ
そろそろ後期EDかな?
レジーナ&岡田が最近出てこないな?本当に
岡田はうれしいけどw
あと1つかな?誓いは
え?なんでエンドカードがマナちゃん?
ま、いっか
f:id:meteo:20130217101033j:image
↑お願い><
f:id:meteo:20130728102417j:image
f:id:meteo:20130728102420j:image
代わってよ?


"キュア"ムーンライトさんのコメント
それを言うなら「代わって」よ?

エリカナさんのコメント
え?なってますけど?

2 ● エネゴリ
●100ポイント

こんばんわ
ざっくりとですが今回は将来の夢の話でした
キュアハートは総理大臣という夢を言うのが彼女らしいというか子供らしかったです
キュアダイアモンドの夢がお医者さんでそれに迷いがあるんじゃないかという流れでした
かくいう私も夢があるわけですが、過去にお前は○○の資格はないとはねのけられたり、口が災いして多くの人に邪険にされたりと色々ありました
私が悪い部分もありましたが、当時は辛く、あまり思い出したくない過去でした
今回の迷いは自分を信じるという回答を出すためにキュアエースがわざと記憶喪失になったジコチューを攻撃することでキュアダイヤモンドに自分を信じることの大切さを学びました
思い出したくない過去以外に息詰まったりした時、自分を信じきれない弱さというのがそういえばあったなぁと思い出しました
しかし、自分を信じる強さを持続するのはそう容易くない、頭の中でそうだと思ってもなかなか自分の心をコントロールできない歯がゆさというのがありました
プリキュアの話のようにちょとしたきっかけで自分を信じることができればどんなに素晴らしいことだろうと思いました
私もそのようなきっかけに巡り会えればなぁーと
以上感想でした


"キュア"ムーンライトさんのコメント
ちょっとしたきっかけを受容できると良いわね。

3 ● 洋辛子
●100ポイント

f:id:must-ard:20130731020644j:imagef:id:must-ard:20130731020723j:image
f:id:must-ard:20130731020739j:imagef:id:must-ard:20130731020855j:image
「なんで喜んでるんだよ...変な奴」
「だって嬉しいんだもん。きっとこれが私の素直な気持ち...」


なんだかイーラに転生フラグが立ったような気がしないでもないドキドキ!プリキュア第26話感想です。
●話の大部分は記憶を失ったイーラに対して、素直に真っ直ぐ向き合った六花の成長の話でした。普通の女の子な六花らしい話でしたね。
●気になったのはイーラから記憶を取ると正直で純粋な男の子になるという所。生意気で自己中心的な性格は育った環境によるもので、本性ではないみたいですね。また一つ敵の事情が判明しました(リーヴァとグーラは本性っぽいですが)。
●いつもは敵対しているイーラの意外な一面に文字通りドキドキ!な六花。私的にはこの騒動の前に両親が家に来れなくなって寂しそうにしている六花をラケルが慰めているシーンにグっと来ました。
●しかし、いかに記憶が無いとは言っても、イーラが今まで行なった悪行が無くなるわけではありません。この辺りは記憶喪失した敵が改心した際のお約束ですが、例に漏れず正義一筋のキュアエースはイーラをここで浄化しようとします。
●そんなイーラの庇う六花の気持ちは、医者を目指す理由が曖昧になりつつあった彼女自身に決意させるきっかけにもなりました。どんな人だろうと助けたい、救いたい。その想いがダイヤモンドを強くさせるんですね。
●記憶が戻ったイーラは一瞬ダイヤモンドを睨み付けます。それまで何があったのかは全部覚えているのでしょう。そんなイーラの姿を見て、ホッとするダイヤモンドも印象的です。何はともあれ元に戻って良かった、そんな気持ちが表れていましたね。
☆「一つ、プリキュアたる者自分を信じ、決して後悔しない」あの時イーラを責めたのはエースの作戦でした。自分が信じた事は後悔せずに信じ抜く。敵だけども自分の気持ちに正直に行動した六花の正しさがその答えでしたね。
●まさかの突風攻撃で吹き飛ばされるプリキュア。だけどそれはイーラなりの想いやりだったかもしれません。
○次に会う時は敵同士。雨に濡れた暗い土手と夕焼けのクレーンになびいた包帯がとても切ないシーンでした。

次回は最後の心得、「プリキュアたるもの一流のレディたるべし!」予告映像がずっと茶室なんですけど...そういう事なんでしょうか。

「風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな」


"キュア"ムーンライトさんのコメント
とても丁寧な感想よ。ありがとう。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ