人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

風邪の症状では、風邪ひくと関節が痛くなるケースがありますが、なぜですか。関節にウイルスが入り込むのでしょうか。

このようなとき、マッサージに行くのは、
症状の改善のため、そして、
風邪の治癒のため、
意味があるでしょうか。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

質問者から

体のふしぶしが痛いのです。よって、自分で、関節のあたりを揉んだりしています。肩や首などです。しかし、一生懸命揉んだところで、意味があるのか気になりました。


1 ● 匿名回答1号

風邪は、体内の自己免疫力が落ちると発症します。
自己免疫力が落ちる原因のひとつとしては、体内温度が下がっている場合があります。
免疫力をあげるには体内温度をあげる事も、ひとつの解消法なのでマッサージも良いと思いますが、それよりカラダ全体を暖かくした方が良いと思います。
痛くて辛いと思いますが、汗をかくぐらい厚着をして一日安静にすると良いです。
汗をかくので、水分補給は怠らないで下さい。脱水状態になると命を落とす事もあります。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 実は、暑いので冷房をかけて、終日、寝ております。熱中症が怖いので。 しかし、これが悪影響かもしれないですね。 風邪のとき、お風呂入るなと、子供の頃、聞きました。湯冷めのことさえ、気をつければ、却って、お風呂(浴槽に浸かること。シャワーで済ますのではなく。)も良いのですね。

2 ● 匿名回答2号

咳が激しいと体内に衝撃が篭もって関節が痛くなります。
特に下を向いて咳をする癖が在ると、痛みが激しくなります。
咳が少ない風邪は痛みも余りありません。
風邪には効果がありませんが、痛みを取るためにはマッサージも有効でしょう。


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 自分で揉んでいます。また、家族が「揉んであげようか」と言ってくれるので、その時は、揉んでもらっています。でも、風邪には効果はないのですね。やはり、という感じです。 >下を向いて咳をする癖が在ると、痛みが激しくなります。 >咳が少ない風邪は痛みもあまりありません とは、どの部分の関節でしょうか。 私の場合、咳の振動・衝撃をまともに受けていることによるタイプの痛みかどうか、しっくりこないので、念の為、お伺いしてもよろしいでしょうか。

匿名回答2号さんのコメント
力む場所によって違います。 首とか肩とか肘とかが一般的です。 背骨や腰や膝が痛くなることもあります。

匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 わたしは、力む感じはなかったと思うのですが、 「コン、コン、コン、」と、軽い咳が、その代わり、頻繁にありました。 胸骨の上下のうち、下の方の奥には、つまり、みぞおちの上3センチから7センチあたりに そのたびに衝撃がありました。 今回の私の質問では触れていませんが、 喉が咳のしすぎで、切り傷ができたように痛む、そういうレベルの咳の「頻度」です。 背骨や腰が、私の場合、衝撃を一番受けそうだと感じました(いま、なぜか、咳が収まっています)。

3 ● 匿名回答3号

マッサージで痛みが引くのは、外部からの刺激を伝えることが内部の痛みを伝えることより優先されるためです。
さすったりもんだりすることで瞬間的な痛みの緩和には役立ちますが症状の改善や治療にはなりませんし、風を人にうつしたりするかもしれないのでマッサージ師を呼んだり、マッサージに行ったりするのはやめましょう。


体は、病気の治癒のため体温を上げると同時に血流を増やしての強制冷却も行うので、節々に無理がかかり痛みを伴います。
体の無理を減らすため、布団や毛布で体を外部から温めるて自発的体温上昇を抑えたり、熱くなりすぎたら冷やしたりということを一晩くらいこまかく繰り返すと症状はかなり緩和されます。
熱が上がり続けると死に至る場合もありますので、熱が続く場合や上がりすぎる場合は鎮痛解熱剤を処方してもらいましょう。


普段から風を引かないよう適度に運動して体を鍛えたり、衣服で調整したり、栄養や水分をしっかり補給したりといったことを心がけましょう。


匿名質問者さんのコメント
ご教示、特に次の点、有難うございました。 >体は、病気の治癒のため体温を上げると >同時に血流を増やしての強制冷却も行うので、節々に無理がかかり痛みを伴います 私は、体の「節々(関節)が痛くなりますが、同時に、目玉の奥(目玉の裏の方)も痛みます。 詳しく申せば、上マブタの奥のあたり、つまり、下側ではなく、上側が痛むのです (⇒「この場所を専門用語で、医師はなんと呼ぶのだろうか?」と思います)。 「血流を増やして」のご説明を受け、目玉の裏側の痛みがなんとなくしっくり来ました

4 ● 匿名回答4号
ベストアンサー

リンパ管に、
免疫を作る細胞が多いので、
病気の時は、リンパ管が腫れます。

関節では、膨れたリンパ管が、骨に当たるので、
痛くなります。


匿名質問者さんのコメント
耳下のリンパ腺も晴れたりします。ここは、関節ではないと思いますが、たしかに、下顎の骨と当たり、痛いです。まさに、ご指摘通りです。 ご教示、有難うございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ