人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タブレットとスマホの境界線について。
私の今までの認識では以下のような線引でした。
・SIMカードを挿入可能なSymbianを搭載している端末=携帯電話
・SIMカードを挿入可能なiOSを搭載している端末=iPhone
・それ以外のiOSの端末=iPad
・SIMカードを挿入可能なAndroidを搭載している端末=スマホ
・それ以外のAndroidの端末=タブレット(iPad以外)
現在では、この5種類以外にもファブレットやWindwos8を搭載している端末、さらにそこにSIMカードが挿入可能なものも出てきていると思います。
明確な線引は可能なのでしょうか?

●質問者: keijun5145
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ

電話機能を基本から有しているのがスマホ。
ないのがタブレットでいいかと思います。

SIMカードを入れても 電話できなければ タブレットでしょう。


keijun5145さんのコメント
そうするとGALAXY Tab SC-01Eはどうなんでしょう?? 名称には"Tab"と入っているのでタブレットに分類されると思いますが、 標準で電話ができるのでこれもスマホになるのでしょうか?

2 ● a-kuma3

Kindle Paperwhite 3G

Kindle Paperwhite 3G

誰がどう見てもタブレットに分類されると思います。
当然、電話はできないけど、3G回線接続ができるので SIM が入ってる(SIM情報が見られる)。


keijun5145さんのコメント
やはり明確な定義はないのでしょうか?よく調べるとファブレットも造語ということでしたので…画面が大きいスマホもしくは電話ができるタブレットといった言い方になるのでしょうか…あまり頭がスッキリしないので引き続き回答を募集します。

3 ● cubick

「音声通話の有無」と「画面サイズ」の違いを加味して呼び分けてる気がします。
スマホは5インチ程度で片手で持てるサイズ、タブレットはおよそ7インチ以上で
大抵は両手持ちが基本、その中間のサイズがいわゆるファブレット。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ