人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ある舞台の中止に伴う損害賠償を求めて、裁判で争う可能性があるようです。
報道によると、この舞台の主演女優が「原案の作者の方に万全の配慮を」と訴え、舞台稽古の欠席を続けたことに対し、製作側が公演中止を決定したようです。
製作側は、製作費などの損害賠償を請求するるようです。たた製作側が原作者から舞台化の許可を得たと主張していることに対し、原作側は、あくまで台本の内容チェックを前提とした“条件付き同意”だったとしています。結局、舞台稽古が始まっても製作側が原作者に台本を送らなかったことが、原作者が主演女優に「無許可」である旨を訴えることになった原因となったようです。
これまでに製作側は、原作者側と面会し「原作者の代理人弁護士から承諾を受けた」と主張していました。これに対し、面会は舞台化の動きを知った原作者側が、製作側に説明を求めたことで行われたとし、この場で初めて企画内容を聞いたが「舞台化の差し止めや、異議申し立てはしない」が「台本の内容次第では修正を求める」との条件を伝えたようです。
舞台中止の損害賠償の裁判になった時、どういう展開になりますか?教えてください。

●質問者: Pちゃん
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Lhankor_Mhy
ベストアンサー

弁護士さんのブログから引用します。

土屋アンナさんに原作品についての著作権はありませんので、著作権法上の主張はできませんが、著作権または著作者人格権を侵害する態様で企画された舞台作品に対する出演契約についてはそもそも無効であるとの主張を行うことになりそうです。

土屋アンナさん主演の舞台「誓い奇跡のシンガー」を巡る騒動 | 知的財産 法とビジネス

Pちゃんさんのコメント
回答ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ