人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タバコの肺への影響の整理でご助言ください(ガス=気体)。タバコはガス成分(気体)が90%以上を占めてますが、そのガスのことです。
(あ)ガスは肺胞でガス交換され血液に入り、脳(?)へ供給され、喫煙者がイイ気持ちになる(ただし、依存性のものが多い)。だから「脳に直接快感がある気持ち良さ」と考えております。正しいですか。
(い)ガス交換で、肺に負担があるでしょうか。そもそもガス交換では肺胞に負担などないでしょうか。それとも、スムーズにガス交換される気体成分なら、肺に負担はないが、スムーズでないものなら、肺胞を破壊していくでしょうか。この考え方は正しいですか?つまり、安物のタバコは、周りも、とても迷惑だということです。
なお、
(う)タバコの他商品との差別化のため、刺激のあるガス(メンソレみたいな)を含むタバコが増えた気がしますが、どうでしょう。つまり、脳で楽しむだけでなく、鼻への刺激臭で楽しむガスで差別化しているような。

一部でもいいので、ご助言あると嬉しいです(関連サイトの紹介でも嬉しいです)。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ