人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

悪い事をしたら罪を償うために自殺するのと苦しみながらみじめに生きていくのとどっちが正しいと思いますか?
死んだら勝ちなのでしょうか?
それとも死んだら人生投げ出したので負けなのでしょうか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

「自分を殺す事も殺人。」という言葉を聞いた事があります。
なので自殺しても、罪を償うどころか、罪を重ねる事になるのではないか。と私は思います。
悪い事をしたら、行動で償いますが、
その行動とは決して「死ぬ」ということではないと思います。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。 私がもし悪い事をしたら死ぬ勇気がないので迷わずみじめな方を選んでしまいます 死ぬ方が物凄く恐いので 正しいかどうかではなく、恐いか恐くないかで選んでしまいます

2 ● 匿名回答2号

ご質問は殺人のような犯罪を想定してると思うのですが、そもそも殺人罪などの罪は「仇討ち」を防ぐためにあります。
「仇討ち」を禁止しないと、「仇討ちの仇討ち」「仇討ちの仇討ちの仇討ち」と殺し合いが始まってしまうからです。
国家が仇討ちを禁止して、被害者になり代わりきちんと罰する、という側面があります。

そういうわけで正しい償い方があるとすれば、

の、どちらかになるでしょう。


3 ● 匿名回答3号

殺人罪や放火罪までいかない罪については、
命をもって償うほどのことではありません。
人をきずつけた分、他に傷ついた人の心をうめられるくらい有益な人になればいいとおもいます。
つまり、生き延びればよいとおもいます。


4 ● 匿名回答4号

死ぬのは簡単で無責任
正しいかどうかはしらんが贖罪の意識があるならば生きるべき
と思う


5 ● 匿名回答5号

死ぬのも、生きるのもどっちも負けです。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ