人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

移項ってどう考えれば簡単になりますか?
あと、移項するときに?の使い方が変わりますよね?
数を引く時に使うのが負の数を表すのになったりです。

●質問者: niseSM
●カテゴリ:学習・教育 美容・ファッション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
ベストアンサー

イコールで結ばれた方程式というのはイコールの右側と左側で天秤がつりあった状態です。
両辺の重さは同じですよということ。
ある天秤で、右には林檎とミカン、左には林檎とモモが全部一つずつ載ってつりあっていたときは、まず右から林檎をとります。そうすると天秤のつりあいがくずれてしまうので、左からも林檎をとるとまたつり合った状態になります。ミカン=モモというこたえになります。
右に林檎とミカン、左にはスイカが1つだけ載っているときは、右から林檎をとりたければ、左のスイカから林檎と同じ重さだけをえぐりとらなければいけません。したがって、ミカンはスイカマイナス林檎です。

移行というのは、その作業を、xとかyという記号をつかってすごくカンタンにしたことですが、「マイナスをつけて反対側へもっていった」ように見えます。実際は「移動」ではなく「両方から同じものが無くなった(または増えた)」ということを意味しています。

http://tcsimg.com/graphics/artno/64/256x256/gif/16-346.gif


2 ● たけじん

マイナスの記号を見かけたら、その前に0があると考えよう。0だから、省略しちゃったんだ。


3 ● a-kuma3

等式は、左辺と右辺の値が同じです。

3 ¥hspace{28} = 2 + 1

この式の両辺に、同じ数を足しても等式は成り立ちます(値は変わりますが)。

3 ¥hspace{5} + 1 = 2 + 1 ¥hspace{5} + 1

もちろん、同じ数を引いても成り立ちます。

3 ¥hspace{5} - 1 = 2 + 1 ¥hspace{5} - 1


これは、変数を使っても同じです。

y ¥hspace{28} = x + 1

この式の両辺から、x を引きます。

y ¥hspace{5} - x = x + 1 ¥hspace{5} - x

右辺の x - x はゼロです。

y ¥hspace{5} - x = ¥not{x} + 1 ¥hspace{5} ¥not{- x}¥¥y ¥hspace{5} - x = ¥hspace{10} + 1¥¥y ¥hspace{5} - x = ¥hspace{25} 1


最初の式と比べると、x の負号を変えて、右辺から左辺に移してように見えるので「項」です。

y ¥hspace{29} = x + 1¥¥y ¥hspace{5} - x = ¥hspace{24} 1

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ