人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経費で払うのと、給与から払うのでは、1割ぐらい特なのでしょうか。4割ぐらいなのでしょうか。

(本来、経費になるものを、給与から支払ってしまった場合の損失の感覚を知りたいです)

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 無頼庵

算定不可能

そもそも割合の分子分母として経費と給与を扱うことが不自然ですね。

間違いなのですから、給与を貰う人にしてみればその全額が損失です。

割合を知ろうと思う事自体に、無理があります。

質問の内容が不備ではありませんか?


きゃづみぃさんのコメント
たとえば 昼食補助とかなどの場合とか 思うけど。 また、お茶とか 経費で飲み放題とか。

きゃづみぃさんのコメント
ま、得というか 税金の支払いが少なくなるということなんでしょうけど。

無頼庵さんのコメント
税額という観点では、給与も人件費で経費ですから、同じですよね。 経費科目によっては優遇措置の対称となる場合がありますから、それに該当すれば差異が出ますね。 現在は何が優遇されているか分かりませんが・・・
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ