人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「新聞は3割の新しい情報と7割の普遍的な情報で構成されている」という言葉を聴いたことがあります。「3割」は「2割」だったかも知れないし、「1割」だったかもしれないし、数字の部分はあやふやですが、上記のような言葉があったように記憶しています(『普遍的な』は『古い』だったかもしれません)。この言葉を詳しく解説しているサイトがあれば教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: yesorno
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● a-kuma3
●100ポイント ベストアンサー

「パレートの法則」の亜種ですかね。

聞」 という意味では、記事の二割も読んでおけば十分だ、みたいな感じで。


yesornoさんのコメント
なるほど。こんな法則があるんですね。参考になりました。ありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ