人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: tak
●カテゴリ:政治・社会 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

6 ● adgt
●8ポイント

大学の研究室の先輩は優秀な人でしたね。
頭の回転が速く、平易な言葉で複雑な概念を分かり易く伝えるとということに長けていました。そして、何よりモテてました。女性関係は決して平穏ではなかったですが、それでも守るべきルートはしっかり守っていましたね。

今では、大学教員として働いています。


7 ● adlib
●8ポイント ベストアンサー

劣等生の自慢 ? 恩師あり、先輩なし、同輩、後輩、異郷にあり ?

1.高校時代の恩師は、近世日本史の大学教授として、数十冊の著作を
上梓されたので、はてなキーワードに登録すると、なぜか削除された。
先生に関する生前没後のブログが眼にとまり、令嬢から礼状が届いた。

2.同級生で、初の女子生徒会長は、女医となって、葬儀に700人の
会葬者が列をなした。いかに患者たちに信頼されたか、切実に偲ばれる。
同輩が落第生になり、彼女も浪人生となって、ある冬の日に再会した。

3.後輩だったが、先輩が落第したため同輩になった秀才は、中学高校
の地歴部・文芸部を通じて、オーケストラ結成時は指揮者とコンサート
マスターとして、卒業後もっぱら酒席で首席を譲りあった。

没後「彼の書いたものを読みたい」と、元同僚(パリ在住の女流画家)
からメールが来た。ついで成績自慢、学歴自慢の同期生(女流言語学者)
の電話に「彼の息子はハーヴァードを首席で出た」と語ると黙りこんだ。

4.再度の留年で、五歳年下の後輩と(卒業後の演奏旅行で)遭遇する。
彼は、ほとんど独学でパリ音楽院を出て、国立管弦楽団に勤務した。
オーケストラの同窓会で「娘も出た」というと、みんな黙りこんだ。

彼らは偏差値が高いから優秀なのではなく、尊いものを目指したのだ。
…… 山高きが故に尊からず、樹あるを以て貴しとす。── 《実語教》
http://www.aozora.gr.jp/cards/001529/card409.html

…… 君が若年のころから、学問研究のあらゆる修行で勉強してきたこ
とは、巨大な量の穀物が君の良好な管理に委ねられるためではなかった
のだ。君は何かもっと偉大で、もっと崇高なものを自分に約束したはず
である。(食料長官パウリヌスに宛てた書簡)
── セネカ/茂手木 元蔵・訳《人生の短さについて 19801117 岩波文庫》P052
http://q.hatena.ne.jp/1367366804#a1199641(No.2 20130502 04:03:41)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20070728
問題児諸君! ? 怒れる若者たち ?
http://q.hatena.ne.jp/1185657702(20070729 06:21:42)


adlibさんのコメント
>一番むずかしいのは、バカを相手にしないこと(池田 信夫)< つまり「バカを相手にするのは容易だ」と云っているようだ。 または「ついつい、相手をバカにしてしまう」ともとれる。 あげく「やっぱり、おれはリコウだ」と云ってみて、だからどうした。 https://twitter.com/awalibrary/status/376694051719753728

adlibさんのコメント
>池田信夫「ツイッターで一番むずかしいのはバカを相手にしないこと< に返信したら、ブロックされた(20141106)。おのおのがた、ご用心。 …… 池田信夫:変てこな人だな。この人は。(略)思っていないことを 思っていると決めつけて非難する。どういう頭の構造なのか(20150525)。 https://twitter.com/awalibrary/status/603266441240936448 このあと、孫崎 享にもブロックされる。(20150530) …… 「あの時代は先生方に殴られた」も信じがたい。 孫崎 享 19430719 奉天 石川 / https://twitter.com/awalibrary/status/604310558381244416

8 ● サディア・ラボン
●8ポイント

同時通訳というより、
同時翻訳みたいなスピードで、
英文を書く人がいました。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○(日本語文)って英語でどう言うの
言ってるそばから、
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□(英文)を書くような感じです。

その人が、交通事故で亡くなった時は、
ぼくは、英作文も、和訳も自分で出来なきゃいけないのかと思って、
壁に頭を打ちつけまくって、気分が悪くなって、
明日の朝まだ生きていたら、窓から飛び降りよう
なんて思って寝ました。

その翌日に、ぼくが描いた漫画を一つだけ、
死ぬ前に英語の小説にしよう思いついて、
小学時代の、幼稚な作品を最初に英語で書き始めました。
簡単な文章ばかりだろうと
思ったからです。

一年半後に、英語で書かれた資料を、
初めて自分で和訳しました。

ぼく自身は、
一生その人には追いつけないと
思います。


他の人が、その人をせう思っていたかは、
観察してなかったので、
わからないです。


先生が、giveとはどんな意味かと言ったら、
「痛い」と言う人がいて、皆笑ってましたけど、
その人は、授業が終わってから、先生に、
プロレスでは、痛い時にギブと言うけど、
元はどんな言い回しから縮んだのかと
聞いてました。










↓冒頭部分だけですけど、
昔、ちゃんと自分で書けなかった文章を、
毎回散々再利用出来るいうのは、
その人の凄さを表してると思います。
(昔先生が書いた文章や、昔読んだ本に出た文章も、同じくらいに散々再利用してますけど・・・)



銀のサークレットをつけた、鳶色の髪の少年 が大蛇に追われて逃げていた。少年の名はエル・セレニタ・デ・サン・アントニオ・ラ・サンタ・クルスといった。彼は十字路を通り過ぎた。その時、脇の道から大ナメクジが現れて、ヘビに襲いかかって食べてしまい、そして次にセレニタを追い始めた。セレニタは、それらには全く何も気づかずに逃げ続けた。そして隕石が大ナメクジの上に落ちた。そしてセレニタは、立ち止まると不思議そうに振り返った。その時、ペチャンコに潰れた大ナメクジの上に、サッカーボール大の石があった。そして彼は石を拾うと修道院に行った。彼は古い修道院を家にして住んでいた。その修道院は、クリーム色の壁と、黄色い屋根で出来ていて、一つの隅に塔 があった。その塔は、上半分が八角柱で、下半分が四角柱で出来てて、四角柱と八角柱の繋ぎ目に、半分に切った四角錐の屋根が四つあり、八角柱の上には、一つの八角錐の屋根が乗っていた。そして八角柱の部分には、丸い窓が四つあった。数年前に母親が、セレニタに屋根の掃除を頼んだ時、セレニタは、天辺の屋根と四角柱の一部を赤いペンキで塗った。セレニタは、敷地内の畑に、石を隠すと、家に入った。
A boy with auburn hairs, wearing a silver circlet, who was being chased by a big snake, and was escaping. The boy's name was El Selenita De San Antonio La Santa Cruz. He went along a crossroads. Then a huge slug appeared from the side which he had gone along the crossroads just after that, and attacked at the snake, and ate. And the slug started to chase him next. Then El Selenita continued escaping without completely knowing them. And a meteorite fell onto the slug directly. And El Selenita stopped and looked back, in wonder. Then a soccer ball sized stone existed on the huge slug that had been destroyed flattly. And he picked up the stone, and went to a convent. He was living with a closed convent as his house. The convent consists of cream colored walls and yellow roofs. And it has a tower in one cornar of its cornars. It consists of an octagonal prism that is the upper half part, and a square prism that is the lower half part. And the junction of the octagonal prism and the square prism has four roofs those are half cut square pyramids. And an octagonal pyramid exists on the top of the octagonal prism. And the octagonal prism has four circular windows. Few years ago, his mother had asked El Selenita for cleaning of the roofs when, he had painted a part of the square prism wall and the octagonal pryramid roof with red paint. And he hid the stone into the field of the garden, and entered into the convent.


9 ● ★トム★
●8ポイント

やさしい友達ですかね?特にいないかも。僕は他人に合わせようとするけど、なんと言うか、“信用率”が、低いのかな?嘘の情報を、流されて、白い目で見られる事も有りますけど。(笑)それって、ある意味、差別ですよ。相手を、外見で決め付けたり。悪い所ばかりみて、悪い奴だと。実際友達にも、いたんです。暴力、暴言など、する奴が。でも、いい奴だった。って事が。だからみんな同じだと、思いますよ。長文すみませんでした


takさんのコメント
優秀な人 です。 やさしい友達 じゃないです。

10 ● にゃんみなみぃ
●7ポイント

いません。

理由:優秀じゃないから。


6-10件表示/13件
4.前5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ