人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ZOOM H4N をつかって、ビデオ用に男性の声ナレーションを収録しました。

静かな所で、ノイズも少なく収録できたのですが、

音圧がないというか、、、厚みがないような気がします。

ナレーションのデータに太さを持たせるにはどのようなエフェクトをかければよいのでしょうか?

また、通常どのような、処理を行うのでしょうか?

一応、adobeのオーディション CS5 は有ります。

詳しいかた教えて下さい。



●質問者: hashimajc
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● SPX900
●100ポイント

できればエフェクトでごまかすよりも、録音する時に音圧を確保したいところです。録音時にマイクと口との距離が離れすぎていたのでは?ボーカルマイクを使う時だったら、50cmくらいだともう離れすぎです。げんこつ1つ分くらいが目安ですかね。この機械はマイクがステレオ仕様なので、あまり近寄るとステレオ感がなくなってしまうため、マニュアルに長めの距離が書いてあるんでしょうけど、30cm以内まで近寄らないとうまくいく気がしません。そもそも一人のナレーションやボーカルをステレオ録音する意味はないので、マニュアルの距離は無視する方がいいでしょう。

ちなみにマイクまでの距離が離れれば離れるほど、直接音が減って間接音(反射や残響)の割合が増えてくるため、マイクまでが遠すぎるとナレーションそのものの録音ではなく、ナレーションの収録場面を録音するような結果になってしまいます。

できれば録り直す方が確実に好結果が得られますが、それが無理だったらコンプレッサをかけるとか、フリーのサウンドエディタ「SoundEngine Free」が持っているリバーブカットを通してみるとか、そういう方向しかないと思います。SoundEngine Freeはコンプレッサやその他エフェクトもかけられるので、入手しておいて損はないソフトですよ。

紹介しているサイトの一例
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/soundengine/

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ