人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

売り上げが1000万円超えなければ消費税を納めないでよいのは何故ですか
消費税を納めているのは消費者なのに、売手が免税されるのは何ででしょうか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

あなたが以前の質問で主張していたような「ムリな値引き」をしないと大手と競合できず、企業自体がつぶれてしまうためです。
全国商工新聞?記事
※売り上げと利益の違いはわかっているとの前提で回答します。
またこの回答以上のことはいかなるコメントがついても返答しかねます。


匿名質問者さんのコメント
考えてみれば、消費税を納めているのは消費者です だから売る側には関係ないはずです 値引き競争で不利だと言うのなら、別に消費税がかかっていなかったとしても無関係に不利であるのは同じです それなら、消費税を0%にしたら、「ムリな値引き」をしない競合できずつぶれてしまっても感知しないのですか?

匿名質問者さんのコメント
消費税を納めているのは消費者なのでそのままストレートに収めれば無関係のはずです

2 ● 匿名回答3号

消費税は元々消費者が負担する事になっているもので、お店はその消費税を単に一時的に預かっているだけであって、売上が1000万円を越えるお店は預かっている消費税を国に納める義務があります。
なお売上が1000万円以下のお店では、消費者は消費税の納付を免除されます。
したがって、そのお店は消費者から消費税を取ってはいけませんし、消費税を取れば法律違反となります。


匿名質問者さんのコメント
そうなんですか? 1000万を超えていないから免除されていても消費税はとってもいいと聞きましたけど それでは質問を変えます、なんで収めている側は消費者なのに免除されるのが売り手側なのでしょうか? 元来は納めている側に免除と言うものがつかなければいけないのではないですか? 例えば、「年収00未満の消費者は免除される」とかです

匿名回答5号さんのコメント
へー 売上が1000万円以下のお店は、非課税で売らないといけないんだね。 知らなかった。 税込価格が定価のものは、税抜きで売らないといけないなんて大変ですね。

匿名回答3号さんのコメント
お応えします。 消費税と言うものは、本質的には国に収める税金です。 住民税や固定資産税も税金として国におさめていますが、消費税は買い物をしたときに納付義務が発生しますが、買い物をする毎に税金を納めるなんてとても無理です。 従って、官僚が考えた方法として、お店が国に代わって消費税を預かる仕組みなんです。 どう見ても売上1000万円以下の小さなお店が消費税を取る様なら、それは詐欺ですよ。 更にお店はお店で商品の仕入れをするときに、市以下の件、大樹に見合った額を消費税として払っています。 年収XX円以下の人は消費税免除としたい所なんでしょうが、その証明も難しそうで、そこの所、官僚は昔から弱い所からむしり取れと言うのが基本ですから・・・・これでは福祉国家はほど遠いと思います。

匿名回答3号さんのコメント
すいません。 誤字修正します。 更にお店はお店で商品の仕入れをするときに、購入した額に見合った額を消費税として払っています。 勿論、購入したお店に預けていることになりますが・・・

匿名質問者さんのコメント
近所の小さな個人商店ですが消費税を取っていました あのお店も1000万売り上げがあるのでしょうか それより消費税を納めているのは消費者なので控除があるなら実際に収めている消費者にあるはずだと思います 売り上げによって免除されるかが決まるならそれは売上税になるはずです それでは名目を売上税にしないのは何故でしょうか? 消費税にすれば払っているのは消費者になりますから、仕方ないと言って堂々と価格に転嫁できます

匿名回答3号さんのコメント
あのですね。 お店は消費税免除とかの考え方ではありません。 お店は単に消費税を預かり、年一度の税務申告時に国に預かったお金をお渡しするものです。 お店が支払う税金と言えば売上税では無く、利益を得た分に係る所得税の世界です。 場合によっては赤字で売らないといけないものまで税をかけられたらたまらないし、赤字かどうかを客観的に調査する方法が無いからです。

匿名質問者さんのコメント
1000万に満たない「店」が消費税を取る必要は無いのなら お店にかかっていると言えます 収入が僅かな人や、限られたお金で生活している人には、1000万以下の売り上げのお店がどうあろうと、その消費者が税金を免除される訳ではないからです 僅かな収入の人もしっかり消費税として5%支払っている そして税金の免除の対象になるのはお店です 1000万売ったかどうかを見て税金を納めるかどうかを判断するのなら 税金は売り上げにかかっていると言えます 打ったもの一つ一つに税金がかかっています それを税込という名目で価格に転嫁しているのと同じです 消費税は物を買った時に買った人が支払っているように見えても 実際は物を売った人が物が売れた時に支払っている税金で、その売り上げが1000万に満たなければ税を納める事を免除される そういっているのと同じです もしも消費者が払っているのなら、なんで収入の低い消費者が免除されるんじゃないのでしょうか?

3 ● 匿名回答4号


消費税の疑問史 ? 25年の虚々実々 ?

死刑論議のように、法理に働けば角がたち、矛盾に棹させば流される。
…… 20キロ超程度なら取り締まりは疑問(20130604)国家公安委員長。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130604/dst13060411450006-n1.htm

…… 年間の売上が1000万円に満たない個人または会社は非課税業者な
ので、差額の消費税を納める必要はありません。つまり差額の消費税は
手元に残ります。いわゆる益税というやつです。(20120909 06:21:24)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1393753893

…… 消費税の行方 ? いまさら誰にも聞けない商店主の疑問 ?
なんべん読んでも理解できないQ&A(20120210 16:24:41)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1381197313

…… 賃金にも消費税? すると毎日おなじ場所に出没するストリート
芸人はもとより、乞食も「営業収入から、賃金を得ている」ので、消費
税を催促するはずですね。(20100819 01:40:19)

…… Aは、路上で拾った石ころを売りに出した(略)BはAに消費税
10円を預けたが、Cから15円を預かっている(略)消費税は何処へ?
http://q.hatena.ne.jp/1084156019(20040510 11:26:59)

…… 消費税法(小規模事業者に係る納税義務の免除)第9条 事業者
のうち、その課税期間に係る基準期間における課税売上高が1000万円以
下である者については(略)消費税を納める義務を免除する。
http://www.houko.com/00/01/S63/108.HTM(19881230)


匿名回答4号さんのコメント
もはやこれまで ? 8年前からの真実 ? http://q.hatena.ne.jp/1126691886(20050914 18:58:06) …… いくら払ったか分らない56人、1年間に得た収入も分らない15人。 http://www.hatena.ne.jp/1126692261(20050914 19:04:21) 小規模事業者は免税ですが、消費者に減免特典はありません。 TV通販のジャパネットが「消費税を負担します」といえば違法です。 それが可能なら、消費者が殺到し、年間1000万を超えるでしょう。 売上1000万円に対する消費税は50万円です。 売上1000万円に対する仕入額が750万円なら、すでに消費税を 12.5万円を支払っているので、未納額は37.5万円にすぎません。 売上1000万円は最大値であり、売上100万円なら3.75万円、 これまで徴収するには、あきらかに経費だおれになるからでしょう。 (印紙税は、3万円未満が非課税ですが、消費者負担ではありません)
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ