人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アルコールストーブについて質問です。アルコールランプの炎の温度は最高1000度らしいのですが、アルコールストーブの最高温度は何度ぐらいですか?



●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● holoholobird
●50ポイント

http://www.prep-blog.com/2012/08/28/new-alcohol-stove-design-for-prepping/
によると、1800?3000 degrees Fahrenheitだそうなので、
で980℃から1650℃くらいかな


SPANIELさんのコメント
>> I bought carbon felt from FastoolNow, through Amazon.com: Steiner Carbonized Fiber Mini Blanket ― 18 in. x 18 in. Carbon fiber (or “felt”) is a fabric that is impervious to fire and heat: “Protects from sparks, spatter and slag. Soft, lightweight with excellent flexibility. <span style="color:red;">Continuous operating temperature to 1,800° F, intermittent to 3,000° F”</span>. This material is commonly used in alcohol stoves. It will not catch fire or emit smoke at normal alcohol flame temperatures. It absorbs the alcohol, and also acts as a wick, to bring the alcohol to the surface to continuously feed the flame. << 上記の文章から抜き出したのだと思いますが、炭素繊維でできたフェルトの耐熱温度のことです。 「連続使用で 1800°F 、瞬間的には 3000°F まで <span style="color:red;">耐えられる</span>」です。 アルコールストーブに使われるとありますから、1800°F よりも温度が低いことは間違いないでしょうが。

心は萌えさんのコメント
別段 フエルト自身が燃えるわけではないと思いましたが・・・どうなんでしょうね?

SPANIELさんのコメント
この回答で張っているリンク先に書かれているのは、手作りのアルコールストーブの話です。 よく見る形式だとアルコールを入れる容器に小さな穴が並んでいるような形式ですが、これは穴を大きくして容器の中に耐熱性のカーボンフェルトを中に入れているということです。 耐熱性のカーボンフェルトの耐熱温度として Amazon の説明を引っ張ってきているのが 1800°F なだけで炎が直接触れるわけではありません。 (というところは質問者さんも読まれているように思いますが。) 「alchole stove temperature」くらいの単語でググって温度らしい表記があるのをそのまま回答にしただけなんでしょう。

心は萌えさんのコメント
あ、いや、カーボンフエルトってアルコールランプで言うところの芯材ですよね? 芯材の耐熱温度は炎の温度とは直接的には関係ないんじゃないかなぁと。 耐熱材ではなく、単に周辺温度で発火しないようにという事であって カーボンフエルトでガードしているわけではないかと。

2 ● SPANIEL
●50ポイント

アルコールストーブとアルコールバーナーを区別して考えてみます。
実際に炎が出ている部分はアルコールバーナーと言う方が正しいです。
アルコールバーナーを一部として鍋を乗せるところまで含めてアルコールストーブとなります。
ただ、この質問が出てから探してみるとアルコールバーナーのことを指してアルコールストーブという表記を使っているところもたくさんありました。

アルコールが気化して空気と混ざった状態で燃える、という意味ではアルコールランプもアルコールバーナーも変わりはありません。
一般にアルコールランプの温度が 1000℃というのは炎の一番高いところの温度だと思います。
この構造はアルコールバーナーも変わりません。
色々な形状はありますが、アルコールを入れる容器からバランス良く配置された複数の小さな穴を通して気化されたアルコールに火が点きます。
それぞれの炎の一番高いところの温度はアルコールランプと変わりがありません。

ガソリンよりも気化しやすいアルコールは、ガソリンのように噴霧すると却って粒子が大きいため不完全燃焼を起こします。つまり効率が悪いので温度が低い。
そのため「バーナー」という名を冠していますが燃料を霧状にしたり加圧して空気と強制混合したり、ということをせずに自然に気化させるように作られています。

アルコールバーナー単体ではなくアルコールストーブとして考えた場合、小さな穴から出ている炎が効率よく鍋の底に配置するように工夫されていることでアルコールの炎の温度を効率よく鍋に伝えることができます。
そういった意味ではアルコールランプよりも火力が強い器具だということができるでしょう。


心は萌えさんのコメント
ありがとうございました。

質問者から

明確な回答がなかったので、ベストアンサーは無しとします。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ