人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

来年から就職活動を始める予定の大学生 女です。
私はこれをやりたい!という希望は特に強くは持っていませんでしたが
「できるだけ定年まで働ける企業に就職できたらいいな」と考えていました。

でも、女の先輩の話とかを聞いたら
「ちょっと働いたらやめるよ?」とか言ってる人もいるんです。
女はそんなもんでいいんですかね?

結婚して、旦那さんの収入で充分生活はできても
お互い働いてた方が余裕がでるしいいなと思ってました。
定年まで働くつもりでいましたけど、よくわかりません!
みなさんはどう思いますか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:就職・転職
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

今、世界的にコモデティといって知性のある職業でも人が求人の数にくらべて余ってきているのでどこの業界も「あなたのような??をよく勉強している学生が来てくれなければ困る!」という職業はなかなかありません(一部にはあります。ウェブ制作、管理や、福祉など。ただし人材を使い捨て気味だから募集が活発なのだともいわれています)。

一方、妻や母親というのは最初から「あなたでなければ」ならないことが高確率で保証されている職業です。
母親の場合、子供というのはどの大人にとっても異星人であり、突拍子もなくわけのわからない行動をします。
それを自分の子供の頃の記憶に照らし合わせて遺伝的に半分くらいは理解し(たふりをし)て耐えてやり、
自分たち大人の生活(の余裕部分)のなかにゆっくりくみいれてあげるだけで、社会的な人間を一人育て上げたという達成感がえられるものです。
ちょっと調べればわかりますが父子家庭では非常にメンバーが苦労します。
なにがおこっても(cf.老い、親の介護、子育て、病気、転勤、悩む親戚や友人ご近所)へこたれない余裕ある家庭をつくることを人生の最終目標とする、つまり専業主婦に就業することもかなりやりがいはあります。

ただ、やはり一度社会にでないと、自分はだれかに守られているのが当然という意識がぬけません。学生のまま主婦になると一生守られたままです。

ですから、この機会に一度、男性と同じ年齢で一度就職してみましょう。
正直にいうと、学生から将来を正直にのぞむと、「え?もしかして結婚するかもしれないし、もしかしてすぐ妊娠するかもしれない。そこで辞めちゃいたくなるかも。逆に業務が楽しくて結婚はまだしも子育てなんて考えたくもないまま一生を終えるかもしれないし、体に問題があって(なくても)一生妊娠できないということが判明して、他にやることがないから惰性で一生働いて自分の好きなことをして生きるのかもしれない。つまり何にもわからない」そんなところが本音でしょう。
だれでもそうです。母性も100%適職という人はないし、一般職も事務職も小売りも自営も、100%適職ということはありえません(最終的には人間関係の問題だったりしますから)。どこが一番自分がうまくいく確率が高そうかということは今のあなたには多分判断できません。お友達もそうでしょう。

それでも就職するときは、みんな真顔で「ここで一生働きたい」というものです。
「すぐやめるかも?」というお友達も就職試験では「一生ここで働きます!定年まで!」と言っています。
だって、就職してみたらそれもウソではなくなるかもしれません。自分で自分がどういうルートをたどるかわからないのなら、受験先の会社にとって最も都合のよさそうなルートを言っておけばいいのです。
実際、私の同期をみても、ふにゃふにゃして上司にいじめられがちですぐ辞めそうな人が案外長続きしています。

一見、選ぶのは相手(面接官)ですが、それ以前に受験先を選ぶのはあなたです。
よく考えてください。ブランド名、給料に流されないように。
私の場合、通勤が2時間を超えたところは高給でしたが、10年くらいしか続きませんでした。
子供を産んだあたりからいろいろと細かく負担が重なったため、
かせいだ給料を自分の体を楽にするためいろいろつぎ込み、通勤時間も短縮しましたが
結局どうしても個人の力で追いつかない事情ができてしまい、
心?体?をこわしかけてやめてしまいました。

とりあえず、就職するなら、まずどこに住むのかは考えたほうがいいとおもいます。
会社近くで一人暮らしできそうなところ、
いざというときに医者(産婦人科でも心療内科でも)に自分一人で通えるところ、
そうでなければ助けてくれる人(親、兄弟、友達)が近くにいるところ。
地縁と会社との縁を自分なら両方大事にしていけそうな、そんな居心地の悪くない会社が近所にあればいいです。

かといって、実は家族経営で相性が悪い人は全員いびりだしていたので現在全員仲が良く見えるところなどに無理矢理割り込んでいってもしょうがないです。意外と事務的で冷たそうで他人行儀な会社は、残業がおわったらみんなさっさと自宅に帰ってしまうので自宅で家事をゆっくりできる。受験生にお茶もろくにださない会社は女子社員にお茶酌みなどという雑事をおしつけない会社。忘年会をしない会社は飲み会で団結を固めるわざとらしい行事などしなくてもメンバーをつなぎとめられる意外と居心地がいい会社、だったりします。四季報(会社の成績表、書店で買う)も参照して(本当につぶれそうで本業以外やる余裕がないだけかもしれません)、よく見極めてください。

足繁く通って、仕事の様子をみきわめて、いいとおもったところで「あなたがたの仕事を私に手伝わせてください」とお願いしてみたらどうでしょうか。


2 ● 匿名回答2号

先輩男子や、OB研究をするとわかるかもしれないけど、
40代以上の世代ならともかく今の2?30代では旦那が一人稼ぎで家族を養えられるというのはもはや少数派です。
少なくとも子供が出来るまでは働いて蓄えを作れるようにすることをお勧めします。※
定年までについては、派遣など非正規雇用が増えて男子でも定年まで働けないこともあると思うので、
是非がんばって目指してほしいと思います。
※追記です
女性は40前後から子供を授かるのが難しくなりますので、体力的なこと子供が社会人になるときの自分の年齢も考え
30代前半までに子供を授かれるよう考えておくことをお勧めします。不妊治療でも授かれない人も増えています。


3 ● 匿名回答3号

「定年まで働ける企業」なんてもはや幻想ですね。
具体的には、それは1991年くらいまでの発想で、2000年代でそんな考えをしてるなんて古すぎます。
業績の問題、激変する経営環境、グローバルでの熾烈な競争があるので、首切りなんて日常茶飯事。

考えを改めた方が良いでしょう。


4 ● 匿名回答4号

育児休暇がキチンと取れる会社を選んでください。

子供なくして、未来はありません。

女性が長く務めるには、育児休暇は必要なことです。

表向きだけでなく、実態を確認することが必要です。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ