人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ショートストーリーを考えて欲しいです。
ショートストーリーと言ってもお題などはありません。(その気になれば自分で考えたお題を書いて欲しいかな…)

「どんな内容が子供に受けるか」を考えて作成してください。
対象者は、小学生から高校生ぐらいまでを考えています。
対象者に読んで貰う時間等でかなりの時間が発生しますので気長に待ってもらいます。

●質問者: おで
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

質問者から

書き忘れましたが、
小学生向け
中学生向け
高校生向け
かどうかを書いて下さい。


1 ● takesy8445
●34ポイント

一応中高向けで(よりリアルなほうがよければ詳細脚色して下さい)



あるインターネット上の掲示板で、、
ここではいつもお互いが隣国を中傷非難する書き込みばかり、、
今日も罵詈雑言が飛び交っている、、
「○○○!!」「×××!!」(あまりに酷くて文字に出来ません、、)

そんなところに場違いな書き込みが、、
「ニーハオ!こんにちは!だれか友達になってくれる人はいますか?」
「スレ違い○ネ!」「誤爆か?」「ageんなテンプレ欲嫁!!」非難や疑問が書き込まれます。

誰かが書き込みます「そんなに友達になりたきゃ向こうの国に行けばいんじゃね?」
「場違いな書き込みでごめんなさい。まだパソコンを誕生日にもらったばかりで」つたない書き込み
「厨房か」「世間知らずだなww」「海外旅行でもして経験積んで大人になりましょう」

つたない書き込みが続きます「僕はまだ海外に行ったことがありません、、」
「小さいころから体が弱くて病室からも出たことがないんです」

「!」「まじか?」
「だからパソコンをプレゼントにもらって世界が広がってうれしくって書き込んでしまいました」

「…」どちらの国の人もおし黙っています

「ネットにつながれば世界中の人と友達になれると思って、、」

もうバッシングはありませんでした。
「スマソ」「謝意」

「隣の病室のおじいさんがよく話してくれるんだけど、、」
「前の戦争の後向こうの国で一人ぼっちになってしまったけど、大きくなるまで区別無く育ててもらったって」
「…」

「隣のおじいさんも僕によくしてくれるし、僕も隣の国の人と友達になりたかったんだ」

「…」
「…私友達ナルヨ、私紅麗、君名前ハ?」
「僕は裕輔13歳!友達になってくれてありがとう!」
「(´ー:`)泣けるね」「ドラマだ…」

このことはちょっとしたニュースにもなり、
掲示板での中傷合戦も「空気嫁」で一時休戦となっていた
たまに紅麗や裕輔の書き込みもあったりして、
実際にどうやら嫌日家だった紅麗も裕輔に会いに来日したりもしているようだった。

半年か過ぎたころ、二人の書き込みが途絶え、
「リアルだけになったか」「空気読んで他に移ったんでしょ」「隣の爺さん具合悪くなったんじゃない?」
そこへ

裕輔「死にました」
「!」「なっ!」「ほらやっぱり」

裕輔「裕輔が今朝亡くなりました。紅麗です。」
「!!!!」「何で…」

「裕輔はもともとこんなに生きられるはずではなかったの、、」
「だから両親はPCをプレゼントして最後まで好きにさせてあげたいと思ったの、、」
「裕輔は好奇心が強くで色んなことを人から聞きたくて知りたくて、
みんなと友達になりたくて気力で生きてきていたの、、」

「裕輔は気付かせてくれた。憎しみからは何も生まれないこと」
「助け合って手を取り合うことの方が何倍もすばらしいこと」
「裕輔の心を無駄にしないために、ここに書き込みました」

「私は日本でおじいさんの介助をしながらどの国も仲良くできるよう働いていきます」
「裕輔のこと覚えていて下さい。サヨナラ」

このことはネットの住人たちの胸にも深く刻まれました。

月日は流れ、またこの掲示板では誹謗中傷が繰り返されるようになりました。
すべては意味の無いことだったのでしょうか?

いえ、紅麗の生き方を変えました。
そして掲示板のテンプレにもこんな一文が、

「国の判断や事柄は非難しても、日本人だから○○人だからと名前も心もある人間を一くくりにするのはやめよう」

小さなことかもしれないけれど、裕輔が残した大きな輪は世界を変えていくでしょう。

おわり
駄文でごめんなさい。


おでさんのコメント
回答ありがとうございます

2 ● たけじん
●33ポイント

ショート・ストーリー(高校生向け)

俺は、考えている。この先、どうすればいいのかを。
未来のことを考えると、息苦しくなる。
なあ、正博。
俺にはお前の背中が見える。
お前のすることが、俺の未来にどんな影響があるのか、考えたことがあるか?
お前は、俺をどう思ってる?何をするつもりだ?
その点、卓哉は違う。いつも俺と向き合ってくれる。俺のしていることを理解してくれている。
時には、俺にアドバイスもくれる。
だが、問題は山積みだ。
次々にやってくるあの難題。片づけても片づけても次々生まれてくる問題に、なんで俺の未来の行動をを左右されなきゃいけないんだ。
先生。
佐藤先生。
教えてくれ。俺はどうすればいいんだ。
どこに向かって走ればいいんだ。
先生。こっち向いてくれ。
待て、正博。俺に相談なく、何かするのはやめてくれ。待てったら。
くそ。やるしかねぇのか。
俺に向かってくる問題を、受け止めるしかないのか!
卓哉の目が、俺をとらえている。この難題を、いっしょに分かち合ってくれる。
卓哉が俺に向かって、語りかけた。

「ゲッツーだ!ショート!」


おでさんのコメント
回答ありがとうございます

3 ● コイル
●33ポイント

小学生高学年?中学生向けかな。
遅刻の言い訳

K中学校3年T組 時計は9時半を指している

ガラガラガラ!
「佐藤!遅刻だぞ!もう一時間目終わってるぞ!」
「えっ、遅刻?」
「そうだよっ!」

「で、どうして遅刻したんだよ。」
「寝坊」
「昨日何時に寝た」
「深夜0時です。」
「それで何時に起きた。」
「7時です。」
「で?登校中何をした」
「普通に登校してましたけど?」
「7時に起きてフツーに登校してこんなに送れるか普通?」
「だから普通に登校してましたよ。」
「ウソつけ!それで1時間目始まる前には来るだろ!」


「えっ・・・?1時間目・・・?先生、1時間目は8時40分からだけど、今7時半ですよ?」
「嘘をつくな、ほれ見ろあの時計・・・・・・。って・・・、!? ホントだ、なんで!?さっきまで確かに9時半だったのに!」
「ニヤッ」



あとがき
駄作すみません。
意外とネタ作るのに苦労するんですよね。
あと、言っておくけど全てジョークです。
なお、修正前、ちょっと品が悪かったし、さすがにあのままだとどうかと思うので・・・、修正させていただきました。


さて・・・時計がおかしくなったのはなんだったんでしょう・・・?ニヤリ


おでさんのコメント
回答ありがとうございます。 でもいくら小学生高学年向けと言えども卑猥な言葉が多いのでは?

コイルさんのコメント
下品なところを修正しました。 勝手に修正してすみません。 ただ、あのままもどうかと思うでしょう? あと、お題無しって・・・。ちょっと無謀な気が・・・。気のせいでしょうか?
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ