人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

羽田の国際化に関するニュースをここ数年よく耳にするようになりましたが、
何がきっかけであれほどまで、問題になっていた国際化が進み始めたのでしょうか。

●質問者: surippa20
●カテゴリ:旅行・地域情報
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun

参考文献として「首都圏における航空の現状と課題」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kanko/ksk/01-1.pdf
が示すように、首都圏(成田+羽田)のうち、成田の拡張がままならないまま、
近隣(韓国、香港、シンガポール)などにハブ空港が次々にできて、
日本(東京の)国際的な地位が低下していることがあります。


2 ● Sampo

Wikipediaを出すのは気が引けるのですが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF

羽田の国際化を阻んでいたのは敷地の狭さでした。そして、埋め立てで敷地を広げるには、当初土木技術が追いついていなかったのです。

成田開港後にも、結局国内線需要だけでも捌ききれなくなって埋め立て工事が始まるわけですが、それも難航して20年かかり、さらに埋め立てと桟橋を組み合わせた新工法のD滑走路が完成するのが2010年です。

つまり、羽田の国際化が急に進んだ理由は、土木技術の進歩だと言えます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ