人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

[植物性食物」の食部位の区分をお願いいたします。
区分は、根、茎、葉、幹(皮も含む)、花、実(果皮も)、種(種皮も)・・・
複数に亙る場合はそれぞれをお答え下さい。通常の食べ方・飲み方で願いします。

イモ等は科や属が多岐に分かれものは「イモ」でくくらず、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、ヤマイモなどそれぞれに分けてください。
総ポイントは100ポイント以上と考えてください(内容により配分します)

●質問者: 多食斎友好=世田介
●カテゴリ:学習・教育 グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● boketeruyo
●10ポイント

イチゴは、表面についているツブツブが「実」で、赤い部分は「花托(かたく)」が肥大化したものなんですが、これも元「花」の一部として花扱いなのでしょうか?
http://www.asahi-net.or.jp/~zh7k-knk/study/flower/tukuri/tukuri.html

実のようでいて実ではない「偽果」を食べているのは、イチゴの他にリンゴ、ナシ、イチジク、バナナ、ビワ、スイカなどがあるようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9C%E5%AE%9F

通常の食べ方は、基本的に生でそのままですね。


多食斎友好=世田介さんのコメント
つまり、イチゴは食べている部分は花の肥大した部分と言う事ですか。 それでは、実と言われるものは、殆ど花と言う事になりますね。 偽果は既に「花」とは言えないのでは?

多食斎友好=世田介さんのコメント
すみません、「花」は飲み物にする「ハイビスカス」や料理に使う「菊の花」、「イチジク」、花の一組織のみ膨らんだ程度のいかにも「花」だなぁ程度を考えています。子房が膨らんだ物は「実」の方が感覚的に分かり易いと思います。

2 ● boketeruyo
●10ポイント

「植物」と言っても、被子植物と裸子植物だけでなく、それ以外も含めると話がややこしくなります。

藻類だと、ワカメ(メカブも含む)などの海藻類は葉状体を食べてることになります。
食べ方は、ゆでるのが一般的。昆布は乾燥させるとかも。
最近注目のミドリムシだと、単細胞生物なので、食べているのは「細胞」としか言えません。

シダ類だと、ワラビは若芽の時の葉っぱは茹でて食べて、根茎はデンプンを取ってわらび餅にしたりします。

きのこは菌類なので、植物とは別扱いでいいですが。

あと、もやしとか麦芽は、種なのか全部丸ごとなのか区別が微妙だったりします。


多食斎友好=世田介さんのコメント
食べ方は詳しく説明は要らないのですが、植物のどの部分どの部分かと言う事で。動物、菌類、バクテリア、モネラなどは省いていただいて結構です。

3 ● なぽりん
●10ポイント

食品名の一覧から検索
文科省の食品成分データベースです。
こちらには、品名に可食部位が明記してあるとおもいます。
さつまいもは塊根、
さといも・やつがしらなどは球茎です。
大根だと、葉、根(皮付き)、根(かわむき)のような分けた記載がありますし、
今回関係ないとおもいますが加工食品でたくあんの欄もあります。

印刷物だともっと詳しく備考欄に廃棄率といっしょにジャガイモの芽は有毒などとかいてあります。
書店にうっています。

余談ですが男子生徒も高校で家庭科ならえば悩まないのにとおもいます。


多食斎友好=世田介さんのコメント
ダイコンの白くて太い部分は「根」でなく「茎」だと思いますが。ニンジンも。

なぽりんさんのコメント
ここでは生物学上の部位と食品化学上の部位の呼称の違いに対する議論を避けさせていただきます。

多食斎友好=世田介さんのコメント
一応、生物上の分類のつもりでした。それと人参は根ですね。大根の本当の根は周囲に生えている細い糸状らしいです。

4 ● a-kuma3
●120ポイント ベストアンサー

思いつきで、表を埋めてみました。

代表的な植物地下茎幹、皮果皮
根菜一般 ─ ニンジン、ゴボウ        
ダイコン      
カブ       
ショウガ       
ワラビ、ゼンマイ       
フキ(ふきのとう)       
ツワブキ        
シナモン        
にんにく       
レンコン、じゃがいも        
イモ類一般 ─ サツマイモ、ヤマイモ        
葉物野菜一般 ─ キャベツ、レタス、白菜、長ねぎ        
タマネギ   鱗茎     
タデ   新芽     
ウド       
アスパラ       
シソ      
カリフラワー、ブロッコリー       
山椒       
ワサビ       
ピーマン        
ミョウガ、菊        
豆類 ─ 大豆、小豆、ラッカセイ        
ゴマ        
搾取
アブラナ        搾取
コーヒー        抽出
お茶   抽出     
ジャスミン、ローズヒップ     抽出   
トマト、ナス、カボチャ        
果物一般 ─ リンゴ、ミカン、イチゴ        
イチジク       
スイカ、メロン、パパイヤ       
クリ、ギンナン        




当てはまる植物は書ききれないので、あくまでも一例です。
果実を細かく分類するときりがない(果実 - Wikipedia)ので、食べ方目線で「実」と「種」でざっくり分けてます。
「果皮」だけを分けたのは、メロンやスイカでは、皮の漬物があるからです。ブドウなどのように、果皮を意識せずに食べてしまうものとは、ちょっと別だと思ったので。
別の回答のコメントにあった、ダイコンの件も wikipedia には「主に肥大した根を食用とする」なんて書いてあったので、根に分類してます。

質問のイメージに合っていれば良いんですが。


(修正)@2013-10-5 16:20頃


(修正)@2013-10-7 22:00頃


多食斎友好=世田介さんのコメント
質問のイメージに合っています(良すぎの感) ニンジンは根、大根は茎(根は周囲の窪みから出た糸状)でしたね。

a-kuma3さんのコメント
ダイコンとカブの根については、ここに書かれていることを採用して、一覧をちょっと変更しました。 http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~algae/BotanyWEB/root1.html >> ただしダイコンの多肉根では主根に加えて胚軸も加わっており、カブでは胚軸が主で主根の部分は細くいわゆる尻尾の部分となっている。 << 追記で、新しい表を作ると訳が分からなくなるので、表の一部を修正してます。

a-kuma3さんのコメント
イチゴを別にしてしまうと、果実の定義を細かくやらなくちゃいけなさそうだし、そう言えば、さやえんどうを豆類でひとくくりにして良いのか、とかモヤモヤしながらも、間違いの訂正などをほんの少ししてみました。 [http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/houkoku/1298713.htm:title=「日本食品標準成分表2010」]は、ざっと眺めたのですけれど、まだ組み合わせはありそうな気もします。 かんぴょうを「果皮だけ」にしようかと微妙に迷ったのですけれど、あれは実の部分まで削ってるはずだからなあ...

多食斎友好=世田介さんのコメント
大まかな分類でいいのですよ、あまり細かく分類するとキリがないから。 確かに、サヤエンドウは種の部分だけではないですね(ナタマメも。 果皮は果実の皮だけを利用する時のつもりでした、そんな食べ物ありましたっけ、金柑も果皮ではないでしょ、ナツメグは種の中身と種の皮(種皮)を別の香辛料として使いますね、でも「種」でいいと思います。サフランはメシベだけ使いますが「花」で言いと思います。スイカやカボチャの種もアーモンドも子葉になる「仁」だけですがこれも「種」と言う事でいいのではないでしょうか。もう一つ、料理に付けられる「菊の花」(苦いので、大概の方は残しますが)花弁、雄しべ、メシベ、花粉、子房、ガクなど一緒になってますが「花」ということで。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ