人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本物そっくりの拳銃で、弾だけ出ないものを作ったら
それは 違法となりますか?

質感や音など 本物そっくりということです。

つまり、拳銃をひいて 音だけ出るというものです。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

弾が出ないのであれば違法ではなくて全く問題ありません。


2 ● 匿名回答2号

警視庁のモデルガン、エアーソフトガンについて :警視庁によると金属で作らない、金属で作るなら銃口をふさぐでOKみたいですよ

あまりにそっくりだと音にビビッて警察官が威嚇射撃してきても正当防衛とか言われそう

どのようなものが「模造けん銃」の規制を受けるのですか?

銃刀法では、

○ 金属製であること
金属とは、金、銀、銅、鉄、鉛などの金属元素とその合金との総称です。

したがって、アルミ、亜鉛合金、鋳物などは該当しますが、プラスチックや木製のものは該当しません。

○ けん銃に著しく類似する形態を有する物であること
「模造けん銃」 の規制は、けん銃との外観の類似性による悪用の防止を趣旨としていることから、一般の人の注意力では、その形態が本物のけん銃と区別できない程度のものであれば、これに該当することとなります。

したがって、この条件に当てはまる物であれば、モデルガンやエアーソフトガンはもとより、文鎮、ライター、催涙ガス銃等であっても、模造けん銃に該当し、銃刀法の規制の対象になります。

○ 内閣府令で定める措置を施していない物であること
上記のように、金属製でけん銃に著しく類似する物であれば、一応は模造けん銃の要件を備えることとなりますが、このような物であっても内閣府令で定める、
・ 銃腔に相当する部分を金属で完全に閉塞すること
・ 銃把に相当する部分を除き、表面の全体を白色又は黄色とすること
の両方の措置がいずれも施されていれば、模造けん銃には該当せず、銃刀法の規制の対象にはなりません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ