人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

無線LANの2Ghz帯と携帯電話の800Mhz帯なら800Mhz帯の方が壁を貫通しやすいので通信が長距離で出来ると本に書いていました。

しかし、無線LANの2Ghz帯のルーターと5Ghz帯のルーターなら5Ghz帯の方が高速に通信出来て高性能のようです。

なぜ周波数が高い5Ghz帯のルーターの方が性能が上なんでしょうか?

携帯会社はこぞって低周波数を欲しがります。将来的に高速モバイル通信の5G競争になったら、高周波数の方が有利ではないですか?

携帯電話は低周波数を高性能と言い、ルーターは高周波数を高性能と言います。

双方の高性能の違いは何で違うのでしょう?

●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん

無線lan親機は屋内使用なので、遮蔽物が動かないので、データが高速でも常に遮蔽に弱くて使えないルーターはもうすこし違うタイプのに買い換えればよい。(実際うちでは2階から1階に届かない無線LAN親機を別のものに買い換えたことがあります)一度届くことがわかればそこでは最速のものがよい。周波数タイプで802g、n,aなど、また併用するタイプがあったとおもいます。
携帯は屋外用なので、歩くたびにビルの重なりなどで遮蔽の位置が変わる。データ通信量は低速でも(音声データなんてさしてデータ量多くない)広い範囲でつながりっぱなしのほうがうれしい。


2 ● seble
ベストアンサー

周波数が遅い、つまり長い方が貫通や障害物を迂回しやすい性質を持っています。
周波数が早い、短いものは、早いだけにデータも早く送れます。しかし、直進性が強く、障害物があるとあっさり降参するので遠くまで届きません。
無線LANみたいなのは、複数の帯域を使ったり、重ねたり工夫してデータ量を増やしていますが、確かに、周波数が高い方が周期が短いのですからデータは早いです。
高速なだけなら周波数を上げてもいいですが、距離が飛ばなくなります。1.5Gだって携帯電話としてはかなり苦しいのに5GHzとかになるとよほど何かうまい事をやらないと1軒ごとに基地局が必要とかとても無理。
ルーターなら1軒の中だけ届けば良いのだから問題無し。
電波出力を上げれば飛びますが、今度は電磁波が強くなるのでさすがにちょっと問題が。
(電子レンジは電磁波ですからね)
100MHzぐらいの帯域なら(FM局辺り)1つの県に2、3の基地局だけでカバーできてしまいます。経費が安い。過疎地域でも問題ない。
(チャンネル数の問題はありますけどね)
でも、業務用無線とか誰も使ってなくても予約済みなので使えません。そこで、狭い帯域に集中する事になります。
速度が遅くても、広い帯域を使えれば同じにできます。もっと、もっと・・・


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ