人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クライアントの方が契約書をくれません。
わたしは契約書をくれないクライアント=給料を支払う気がない
と考えていますが、この認識で大丈夫でしょうか?

あまりビジネスの部分について詳しくないので、詳しい方がいたら教えてほしいです。

●質問者: サード
●カテゴリ:ビジネス・経営 ゲーム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

質問者から

現状はプロジェクト全体に不透明な箇所が多く、
業界の慣例的に契約書なしで仕事をするところも多いのですが
さすがにこれは契約書を取っておかないと危険だろうと判断してクライアントに契約書に関して相談しています。

しかし、こちらの問い合わせに対してクライアント側からの反応が一切ないという状態です。


1 ● koutarou
●100ポイント

>契約書を交わさないクライアント=代金支払う気がない?

絶対とは言えないと私は思います。

まず、クライアントは、原稿の質、記事の内容を確認して、代金を支払いたい。と考えているように見受けられます。出来高制なので、この内容だったら、これくらいの原稿料。このレベルだったらボツ原稿、代金は支払いたくない。という感じです。

確かに、サードさんの立場から見れば、仕事の報酬は、きちんと支払ってもらいたい。その気持ちは分かります。

しかし、問い合わせに対してクライアントは反応なし。ということは、そもそも契約書を交わすつもりがないのかもしれません。

この場合、サードさんとしては、クライアントの代金未払いに備えることが、必要になってくると思います。

(1)クライアントが納得できる原稿を制作すること
(2)クライアントが業務を依頼したことを証明できるようにすること(受注内容確認書、テープ録音等)
などが考えられます。

参考
・口約束で、契約は成立しますか。
・契約書や発注書が無い仕事での未払いは法的に回収出来ますか?


サードさんのコメント
ふむふむなるほど。参考になります。

サードさんのコメント
契約書って結局どうなんでしょうね。裁判でどのていど有利になるのか。んー、もうちょっと調べてみます。

2 ● Baku7770
●100ポイント

別に契約書を発行したがらない企業なんてざらに存在しています。珍しいことではありません。
理由は様々ですが、
印紙税を節約したいというくだらない理由から、相手が信用できない、詳細が予測できない、決済に時間がかかるなど様々な理由でなかなか発行してくれないことが多いです。

それと細かいことですが、
>契約書をくれないクライアント=給料を支払う気がない
労働契約ではないでしょうから、給料はないでしょう。
せいぜい報酬。代金、対価等々もっと適切な用語があると考えます。

私が経験したので最悪と感じたのは、相手方から書式を一式だけ送ってきてこれにハンコを押して、印紙を貼って送り返せといったものです。

頭に日本最大手のコンピュータメーカの名前を抱く同社の系列販社の行為です。
こうすれば印紙税は節約できますし、こっちに正式な契約書を渡していないですから向こうが悪くて揉めても知らぬ存ぜぬを決め込めますからね。

どうしても契約書を発行したくない、契約書を交わしたいで揉めているのなら、請書だけを当方つまりサードさん側から発行するという手もありますし、発注書だけを交付してもらうという手があります。
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/account/acc196.html

民間なら課長以上、役所などであれば係長以上に簡単な書面にハンコを押させれば多くは支払いに応じます。別に金額は後日決定するの一言でいいでしょう。口頭発注があったことの証明書に使うだけですから。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ