人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

災害発生時、避難しろとかいいますが、どうして避難しないといけないのでしょうか?

どうして避難しなくていいようなところに 住まないのでしょうか?

たとえば 公民館に避難するなら、公民館のようなところに みんな住んでいれば
避難しなくてもいいよねということです。

避難しなくてもよい住居作りというのは すすめられないのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

公民館のような場所に避難するのは、必ずしも「その場所が安全だから」ではありません。災害時に一人や家族単位でばらばらにいることの方が危険だからです。
一人で災害に見舞われたら誰にも助けを呼べません。家族だけでいても、例えば家が倒壊したりしたら一発で全滅です。消防署や自衛隊の救助にしても、要救助者がばらばらに散らばっていたら手が回らりません。
しかしみんなが一箇所に固まっていれば、相互に助け合いも出来ますし救助も受けやすくなります。一箇所に固まることによる危険もあるにはありますが、多くの利点に比べれば小さいものです。

またそもそも、「避難しなくてもよい場所」が限られているという問題もあります。土地面積は限られているわけですから、すべての人が「災害時に危険な土地」から離れれば住むところがなくなってしまいます。
場所はそのままで各家の建物を災害に耐える造りにするのも、数十年に一度あるかないかの災害でも確実に耐えられる家を造るのは物凄くコストがかかります。命さえ助かれば家財の類は回復可能ですから、家の強度はそこそこに留めておいて危険なときは速やかに避難するようにするほうが、トータルのコストはずっと安く済むのです。


2 ● 匿名回答2号

避難勧告が出る場所はハザードマップ等で事前にわかっています。
国土交通省 ハザードマップポータルサイト
対象地域に住んでいなければ避難する必要がかなり押さえられます。
それでも襲い来る竜巻等の守りにくいものも、住居に膨大なコストを投入すれば防護可能ですからご自由にどうぞ。

つまりご自由にどうぞなんです。

居住する場所も・居住にかけるコストも国が定めることが出来るのは最低限の基準です。また、法改正を行っても法令施行前に作られたものは既存不適格という扱いとなり、強制的に対応させることは私権の侵害となり、現在の日本国には出来ません。
憲法で保障された国民の権利を侵害することが出来ないため、最高基準の住宅建設を全ての国民に義務づけることが出来ません。

憲法を改正してやらないと。日本の司法は判決というカタチで、あなたの希望する避難しなくてもよい住居作りを阻害することになります。あなたの闘いは憲法改正を目指して国会議員を集めるところからスタートすることになります。


3 ● 匿名回答3号

アメリカ人オーストラリア人中国人からみたら日本なんて地震だらけ火山だらけ噴火だらけ原発だらけいまにも水没しそうなちっぽけな国なんで、どこに家たてたって絶対安全だなんて言えないだろって見えるんですけど、じゃああなた自身がアメリカなどに移住しないのはなんでですか。
安全神話も、危険神話も信じないで自分の眼で判断して、あぶないときには避難。これ常識。


匿名質問者さんのコメント
論点がずれてます。 避難場所は海外にあるのではなく近所にあるんですよ?

匿名回答3号さんのコメント
津波のときには近所の避難場所にいて遭難した人もいます。絶対安全な場所はない(アメリカだってタツマキ洪水いろいろある)ので、アメリカ人の基準でもなく日本人の基準でもなく、どこにいても自分自身の基準で判断するしかないということです。

4 ● 匿名回答4号

なぜ避難しなきゃいけないかは、自宅が安全じゃないから。体育館はでっかい柱で支えている上に、耐震構造になっているからです。自宅はどうでしょう。近年建てた家は大丈夫ですが、築二十年も経つと柱が錆びたりして崩れやすくなるからです。
公民館のようなところに みんな住んでいれば」とありますが、たしか中国の一部地域では東京ドームの形をした四階建ての大きな建物に家族はもちろん、いとこや、さとこ、はとこなど、色々なつながりの家族が住んでいます。


匿名回答4号さんのコメント
追記ですが、それが福建土楼(ふっけんどろう)言うらしく、 中国福建省南西部の山岳地域にある、客家その他の人々による独特の版築建築物。12世紀から20世紀にかけて建てられたものがほとんどである[1]。土楼は通常、外部立ち入り禁止の大きな建物で、長方形か円形をしており、厚い土壁(180センチ以上)と木の骨格から成り、高さは3階か5階、80家族以上が生活している。この土でできた建物は通常1つの入口しか持たず、その入口も、鉄板で頑丈に補強された厚さ10センチから13センチの板戸で守られている。建物の最上階には、盗賊を防御するため、狭間が空けてある。 出典ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%BB%BA%E5%9C%9F%E6%A5%BC 日本もこれだったら・・・・。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ