人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

TCP/IP におけるパケットのエラーチェックについて

現在ネットワークを勉強しておりますが、パケットのエラーチェックについて混乱しております。チェックサムを持つヘッダを調べてみると、第1?2層の Ethernet フレームヘッダ、第3層の IPv4 ヘッダ、第4層の TCP/UDP ヘッダと複数あります。直感的には、第1?2層の最下層のフレームの段階で全体のエラーチェックをしてくれてるのだから、何もレイヤーごとに何度も何度もエラーチェックを繰り返すのは無駄な気がするのですが、やはりこれは必要なのでしょうか?

また、IPv6 では近年信頼性が上がっているという理由でチェックサムの項目はなくなったようですね。それでも Ethernet のフレーム上の CRC、TCP/UDP 層でもチェックをするのでその2つがあれば十分という前提でチェックサムをなくした、という理解でよいでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

何度も何度もエラーチェックを繰り返すのは無駄な気がするのですが、やはりこれは必要なのでしょうか?

宅配便みたいなものと思えばいいです

それぞれの立場でチェックする必要があるということがわかると思います

IPv6 では近年信頼性が上がっているという理由でチェックサムの項目はなくなった

トラックに積み込んだら宅配便センターの担当者が封印をして目的地につくまで誰もやぶらないようにする

封印されているので下請け運送会社はチェックしたくてもできない/しなくてよくなることがわかると思います


匿名質問者さんのコメント
回答ありがとうございます。うーんと、ちょっと書き方が悪かったです。 (1)一番上位のフレームレベルでは、中身も含めてフレーム全体の伝送エラーをチェックしている (2)IPやTCP/UDPでのチェックでも同様に、ただ伝送エラーが含まれるかだけを確認している(このとき、データの内容には触れない) という状態だと思うのですが、(1)のチェックで伝送エラーが無いと判断されたあと、上位の層に渡された瞬間に(2)で伝送エラーが検出されるようなことはあるのでしょうか、という意味合いでの質問でした。レイヤーごとにデータの内容のチェックをしているのなら納得できるんですけど。このままだと、フレームのチェックだけでいいのでは?ということで質問してみた次第です。書き方が悪くて申し訳ありません。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ