人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてください。

日本国債は日銀が発行していますよね?

その日銀が日本国債を市場介入で大量買い入れして市場調整をしています。

その買い入れるお金があるなら別に外部から借り入れずににその余剰金を直接使えばいいのにと思ってしまいます。

なぜ借りて入れてから買い入れ介入をする必要があるのでしょう?

素人考えでは直接、日本国債の発行量を抑えればいいのにと思ってしまうわけです。

そもそも、その買い入れする介入資金はどこから生まれているのでしょう?

お金がないのに借りているのに買い入れ介入するお金は十分ある?謎です。

●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Lhankor_Mhy
ベストアンサー

日本国債は日銀が発行していますよね?

国債を発行するのは日銀ではなく政府です。

その日銀が日本国債を市場介入で大量買い入れして市場調整をしています。

その買い入れるお金があるなら別に外部から借り入れずににその余剰金を直接使えばいいのにと思ってしまいます。

なぜ借りて入れてから買い入れ介入をする必要があるのでしょう?

日本国債は日銀の債務ではないです。むしろ、資産です。

素人考えでは直接、日本国債の発行量を抑えればいいのにと思ってしまうわけです。

日銀では日本国債の発行量を決定できません。

そもそも、その買い入れする介入資金はどこから生まれているのでしょう?

おおざっぱに言うと、日銀券を発行することによって生まれています。

お金がないのに借りているのに買い入れ介入するお金は十分ある?謎です。

貸借対照表でいうと、日銀が日本国債を買うと、資産としての国債と負債としての日銀券発行がそれぞれ増えてバランスします。日銀は借金(日銀券発行)をして日本国債を買っている、ということです。

日銀が日本国債を買い入れ介入する理由を教えてください。

金利が上がっちゃうからでしょうね、やっぱり。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ