人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

左足の人差し足指の1本だけ感覚がありません。

足指の1本だけが裏にセロハンテープを貼ったような壊死しているような感覚がない状態です。ただ、足指を見てみると普段の肌色で紫色ではありません。

これってヤバイ病気でしょうか?

●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
ベストアンサー

あなたの年齢や、詳しい身体の状態が分からないので、一般的な原因を幾つか挙げてみましょう。

中年以降に多いのが肝臓病などに起因する神経の異常です。
血栓ができないまでも、尿酸値が高くて痛風になり掛かっている、あるいは糖尿病で神経の異常などあり得ます。

ケガが原因の場合もあります。
神経繊維が部分的に千切れている場合は触覚の異常が出ます。

座骨神経の異常などが原因の神経痛の延長のような触覚の異常もあります。
痛むのではなく痺れている状態になることがあります。

とりあえず、気になるのでしたら内科の受診をお勧めします。

追伸

靴が合わないために足先が異常な形で圧迫されて骨格が歪んでいることもあります。
シューフィッターに足の計測をしてもらえば自分の足に合う靴のサイズが分かります。
一般的に多いのは先の尖った靴を好んで履いて外反母趾ですね。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 確かに痺れています。 痛みじゃなくて痺れていてその痺れがずっと残る感じです。 ずっと正座をしていて痺れた感じがぜんぜん取れない。 糖尿病+肝臓病も気にしています。 なんか全てが当てはまっていて怖いです。 糖尿病+肝臓病+首の骨が変形して神経が圧迫されているによって、足指の1本だけが裏にセロハンテープを貼ったような感じになっていることが分かりました。 困りましたね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ