人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

家の壁に白い凹凸タイルを使うのはなぜでしょう?

白い汚れが目立つタイルなら凹凸がないタイルの方が汚れが付きにくいですよね?

それなのに、なぜわざわざデコボコしたタイルを使うのか理由が分かりません。

デザインだよ。見た目だよと言う意見以外をお願いします。

見た目のデザインを意識していたら、凹凸の白いタイルではなく茶色や灰色などの汚れが目立ちにくいダーク色を使いますよね?

よりによって、白いデコボコタイルがこの世に存在しているのが不思議です。

謎なのでなぜ白凸凹タイルが製造されて今も売られているのか白凸凹タイルが誕生した歴史を教えてください。


●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
ベストアンサー

美しさを保つ光触媒タイル キラテック | パナホームの「オリジナル技術」 | パナホーム
白いタイルであっても防汚コーティングが施してあるものはそれほどよごれがめだちません。
でこぼこがあるほうが自然な陰影があるので、うっすらした汚れやゆがみなどはめだたないです。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 パナホームの年数が経った家を見るとあまり期待出来なさそうですけどね・・・ パナホームはハウスメーカーの中では住宅の技術レベルはあまり高くないです。 この光触媒タイルもあまり期待するものではないでしょう。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ