人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

結婚式の際にウェディングケーキにナイフを投入するのはなぜですか?

普通に考えると縁が切れてしまう感じになりますがなぜ新郎と新婦の人形の真ん中を切り裂くのでしょう。

●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん

たてまえは
「はじめての協働作業」であり、ケーキの天辺はつくりものですのでナイフを入れず、土台だけそっと切り分けます。
本音としては、2時間も素人が場をもたせるためのくだらないもりあげイベントの一つです。「さあみなさんシャッターチャンスです」「ぱしゃぱしゃ」をするための開始の合図にすぎません。

べつにやりたくなければやらなくていいですよ。


2 ● miharaseihyou
ベストアンサー

大きなケーキの模型のカットするところだけクリーム入れて入刀の儀式ですね。
アレはもともと日本の文化ではありません。
ウェディングケーキそのものは、キリスト教圏の結婚式でケーキを焼いて客に切り分けて振る舞ったのが原形です。
ご馳走を皆で分かち合う意味ですね。

別れる切れるとか、縁起を担ぐのは日本の風習です。
だいたいが、キリスト教徒でもないのに派手でキレイだからってウェディングドレスなど贅沢三昧、誰が始めたんでしょうかねぇ。
純和式の結婚式だとケーキカットはありません。
日本髪結って角隠し被れる若い子もレッドデータバンクだけど。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 欧米ではケーキカットはないのかな・・・ ウェディングケーキの入刀って日本独自の文化かも。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ