人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ノンオイルドレッシングとは、液体成分としては、水や酢を用いており、食用油は使っていないという意味ですか。主要な用途は、サラダにかけることですから、液体でないと かけることはできないですよね。なお、食用油を使っていなければ、どんな液体を使っているのでしょうか。

(ノンオイルの方が健康的だというイメージが強いので、気にしてしまいました。一概には言えないとは思ってます)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:グルメ・料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

質問者から

溶媒としては、水なのか、酢なのか、なんなのか、教えてもらえると嬉しいです。醤油や味醂、果汁を含む場合もあるが、とにかく、食用油は含んでいないという意味で理解しております。


1 ● 匿名回答1号

味付けのための水、酢、塩にくわえて、まろやかさととろみを出すために、増粘多糖類(こんにゃくの成分であるグルコマンナンや、すこし分解したデンプンであるデキストリンなど、種類がいろいろあります)を使用します。味付けは、しょっぱさとすっぱさの角がたたないように油のかわりの糖類で味をととのえ、それでいて野菜にかけたときに味が変化しないような配合にしています。
食用油はノンオイルであれば使っていない筈ですが、ものによってはリセッタのような代替油(カロリーにならない)を使用しているのかもしれません。成分をよくみてご購入ください。
====
2号さんの回答について補足。
油脂よりカロリーの高いノンオイルドレッシングなんて同じ味付けではあり得ません。それはただのおいしくないドレッシングなのでだれも買わないです。
また、配合割合で考えても常識的にわかります。油とハチミツ(両方原液)で比べると、ハチミツのほうが低カロリーなのです。油を全量ハチミツ(果糖液糖はハチミツの人工合成です)に置き換えても低カロリーになるのですから、通常の味付けでカロリー逆転が「十分あり得る」とは考えられません。
ただ、たしかに、オイルドレッシングでもローカロリーめのものからノンオイルにするときコクを欲しがってシーザータイプなどを選ぶことにすると、タンパク質が多く高カロリーになりがちなのは確かですが、それは常識の問題だとおもいます。
わたしとしてはカロリーだけにこだわらず、健康上ノンオイルでなければならない方(胆嚢を摘出された方など)がいらっしゃるので、高カロリーでもノンオイルが選べるほうがよいとおもいます。また、逆に、健康上オイルを敵視しない方が良い人(どうしても便秘になる人)もいるので、そういった方は油の重要性を理解してオイルタイプを選んでほしいです。便秘や脱塩で死ぬ人もいるのにダイエットだ減塩だと右へならえはよくないです。
体への食品の善し悪しが、日本人をひとまとめにして一がいに語ることができないことは確かです。医者のアドバイスをうざがらず、「人工」嫌いのおばかさんにもまどわされず、自分の健康を自分自身で把握しコントロールすることが大事です。


匿名質問者さんのコメント
詳しいご説明を有難うございました。 実は、「ハチミツの人工合成です」との一言が印象に残りました。 自分は、以前は、ブドウ糖果糖液糖や果糖ブドウ糖液糖の含まれた生鮮飲料水を今まで冷蔵庫にたくさん常備している生活を何年も続けていましたが、ここ1年は、まったく飲まないようになりました。なんとなく、やめていたのですが、最近、体の調子が良いような気がするのは、この為だろう、と勝手に思っておりました。 しかし、「ハチミツの人工合成です」との文章を見てびっくりしてしまいました。 ハチミツは、ヨーグルトにかけるため、結構たくさん摂っているからです。 なお、自分は最近便秘症です。オイルタイプをむやみに減らすのは、やめようかな、と思った次第です。

2 ● 匿名回答2号

商品ラベルやメーカーホームページなどで確認すればわかりますが酢と醤油がベースになっています
市販品の多くは果糖ぶどう糖液糖で粘りや甘みをだして化学調味料で味の調整をしているのでヘルシーと言えるかどうかは疑問です

胡麻(ごま)
http://www.rikenvitamin.jp/products/dressing/serecty/goma.html

原材料名
醸造酢、糖類(砂糖、水あめ)、しょうゆ、脱脂粉乳、ごま、食塩、豆乳加工品、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、卵黄、小麦たん白発酵調味料、デキストリン、香料、かつお節エキスパウダー、酵母エキスパウダー、マスタード、甘味料(ステビア)、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部にりんごを含む)

こく仕立て和風
http://www.rikenvitamin.jp/products/dressing/serecty/kokuwafu.html


原材料名

醸造酢、しょうゆ、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、玉ねぎ、ごま、調味料(アミノ酸等)、食塩、赤ピーマン、たん白加水分解物、 チキンエキス、ポークエキス、魚醤、かつお節エキス、にんにく、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)、椎茸、酸化防止剤(V.E)、(原材料の一部に小麦、りんごを含む)


次のような記事を読めばノンオイル≠ヘルシーに気づくでしょう
http://okd-galaxy.blog.ocn.ne.jp/familydayori/2009/10/post_05af-58.html

ノンオイルドレッシングは油の代わりに果糖ぶどう糖液糖が主体
油脂の摂り過ぎから、「ノンオイルドレッシング」に替えた方も多いのではないでしょうか?ヘルシー・健康的と思いきや、「ノンオイルドレッシング青じそ」はノンオイルでも、中身を糖類に代えただけなのです。家庭で使われている、様々なノンオイルドレッシングのラベルを見て下さい。最も多い原材料は、果糖ぶどう糖液糖です。油脂を使わないことの物足りなさを、糖類でカバーしているのです。これでは、まるでサラダに砂糖を掛けて食べているようなものです。ノンオイルであっても、ノンヘルシーではないでしょうか?一方、ごま風味ドレッシングは、胡麻や胡麻油を使っていても同じく糖類が主役です。「冷しゃぶドレッシングごまみそ」は、糖類(還元水あめ・砂糖)みそ…の順。「ごま搾り香りのドレッシング」も、果糖ぶどう糖液糖・胡麻油と続きます。原材料の多い順に表示しなくてはならないので、やはり糖類が主体になっています。何もご存じない消費者は、甘味が強いドレッシングばかり買ってしまいます。メーカーがノンオイル・胡麻などの健康さを売り物にしても、所詮、真剣に健康を考えている訳ではないのです。最近は、消費者に段々こういう実態が分ってきて、表示を見て最初に糖類が書かれているものは避けましょう。

http://news.mynavi.jp/c_career/level1/yoko/2011/12/post_1346.html

国が定めた品質表示ガイドラインは、油脂分3%未満なら、ノンオイルと表示しても良いという決まりがあるの。

たいていのドレッシングは、油2?3に対して酢1の割合で調合されているの。でも、ノンオイルドレッシングは油分3%未満だから、ドレッシングのカテゴリーには入らないの。「ドレッシングタイプの調味料」という扱いになるの。

JASなど品質規格から外れた製品となるため、味つけはバラエティ豊か。実は通常のドレッシングよりもあれやこれや、いろいろ入っている可能性が高いのよ。
よりおいしくするためにうまみ成分やタンパク質をたっぷり加えた製品もあり、ドレッシング製品よりもカロリーが高いなんてことは十分あり得ること。


匿名質問者さんのコメント
詳しいご説明と、参照先のご紹介を有難うございます。後ほど、改めて、参照いたします。 ちなみに、「醤油」がベースとのこと、醤油なら、お塩が多いでしょうね、という印象につながってしまいました。 ただ、そんなことより、成分の表示の2番目3番目に糖類が顔を出している、この点に注目しないと行けないということ、大変よくわかりました。 オイルタイプをことさらに毛嫌いするわけではないのです。 細かい話ですが、トランス脂肪酸がよくない、との説を聞いたので、ノンオイルにしようか、という思いが、ほんの少しありました。オイルだとカロリーが多いということより、トランス脂肪酸のことが気になります。 しかし、ノンオイルにすると、成分がどうなっているか、糖分が多いのではないか、このことを注意しないと行けないですね。

匿名回答2号さんのコメント
オイルベースでもノンオイルでも体に悪いのは使いすぎですよ 薄味に慣らして量を減らせばトランスだろうと塩分だろうと気になるほど摂取することはないです 来るだけ素に近い調味料を自分で調合してみると意外と少ない量で満足できますよ http://slism.jp/communication/homemade-non-oil-dressing-recipes.html

匿名回答2号さんのコメント
>> 便秘症 << 僕はパンやパスタが続くと便秘になります 米飯中心の食事にしてみてはどうですか?

匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 今は、炭水化物を減らしており、パンもパスタも米飯もあまり食べていません。 そのなかで、しいて言えば、一番食べているのは米飯です。 ただ、昔は、米飯を割とたくさん食べていました。 便秘症は、米飯減らしが原因かもしれないと、只今、思った次第です。

匿名質問者さんのコメント
ノンオイルでも、オイルでも、使いすぎはダメなのですね。 実は、自宅で時々オリーブオイルをタップリ掛けて、残った分も飲んでしまったりしていました。 オリーブオイルは、実はそんなに好きではないのですが、 体によい、ギリシャ人は心筋梗塞が少ない、とか 読んだことがあったので、盲目的にオリーブオイルは良いのだと思い込んでいたみたいです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ