人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ピアノを習っているのですが、なぜ、先生の言うとおりにアナリーゼしなければならないのですか?音楽は、自由じゃないんですか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

もちろん音楽は自由です。

ただ、何をやっても良い演奏になるか (聴衆に音楽を効果的に届けられるか) というとそんなことはなくて、うまく行く解釈もあれば、うまくいかない解釈もあるわけです。

そして「伝統的な解釈」というのは、基本的には「これまで膨大な先人が試行錯誤して、だいたいうまくいくとわかってる方法」だと思えば良いんじゃないでしょうか。

伝統的な枠組みで分析するにせよ、そこから外れるにせよ、ひとまず先人の知恵を身につけてから考えることは、大幅な効率化になります。地図も無しに麓で道に迷ってるか、ひとまず整備された道を高原まで登って良い見晴らしを得てから先を考えるか、ってことです。

そうではなく、先生がユニークすぎる解釈をしててそれを押し付けられている感じがする、という話でしたら、別の先生に教わる機会を設けたりして視野を広げても良いかもしれません。


匿名質問者さんのコメント
アナリーゼは必要そうですね。解説ありがとうございます。

2 ● 匿名回答2号

アナリーゼ?
分析って事ね?
嫌ならそれをしない先生に習いなさい。
あなたは好きで(自由意志で)その先生に習っているのだから、アナリーゼする事もあなたの自由意志なんですよ。
アナリーゼの重要性を訊ねる事は良い事ですが、師がやれと言っている以上、師事しているのならそれに従わなければなりません。
学校教育が甘っちょろいから生意気な生徒ばかりですが、自分の知らない事を教えて 「もらって」 いるのです。生意気言うなら独学でやってみろって。
ま、先生とはとても呼べないような人物も多いけどね、w


匿名質問者さんのコメント
たしかにそうですね。ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ