人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昔読んだSF短編を探しています。

日本の作品で、ストーリは概ね以下です。
毎日夜中12時になると時間が止まって、別のタイムラインが始まる。
時間が止まっている間に、世界の様子も全部変わるし、
すべての人間が何かの超能力を得て普段とまったく違う行動を取る。
この状態が数十時間続いて、また世界が元のタイムラインに戻る。
もとに戻った瞬間、その間の記憶は何もかもすべて失うが、また次回の切り替えが来るとき、今までの記憶が蘇る。

5、6年に図書館で借りた日本SF短編集に載っていました。
タイトルは覚えていませんが、もう一度読みたいと思います。
ご存知の方、宜しくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ