人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

なぜQ&Aサイトや2ちゃんねるでは書き込み内容の著作権が運営会社に譲渡されるとあるのに、
犯罪予告など運営会社にとって負の書き込みは書き込み主に帰属したままという設定になっているのでしょうか?


良い書き込みは運営会社の物で、悪い書き込みは著作権が返納される仕組みなのでしょうか?

勝手に返納されるというシステムの明記がないので犯罪の場合はアカウントを剥奪しますとは書いていますが、

犯罪行為を犯すと著作権が譲渡されたものが一旦返還されて、警察に犯罪予告を通報する仕組みとなっているのか分かりません。

どの質問内容やスレッドの書き込みが運営会社の著作物として譲渡されたのか明記がない場合は、
私の著作権が残ったままという判断でいいんですかね?

全ての書き込みの権利が運営会社に譲渡されていたら、犯罪の書き込みも運営会社の著作物で運営会社が捕まるはずですよね。

どういう仕組なんでしょう。


●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
ベストアンサー

著作権は譲渡できますが、著作者人格権は譲渡できません。
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime2.html

著作者の権利は、人格的な利益を保護する著作者人格権と財産的な利益を保護する著作権(財産権)の二つに分かれます。

著作者人格権は、著作者だけが持っている権利で、譲渡したり、相続したりすることはできません(一身専属権)。この権利は著作者の死亡によって消滅しますが、著作者の死後も一定の範囲で守られることになっています。

一方、財産的な意味の著作権は、その一部又は全部を譲渡したり相続したりできます。ですから、そうした場合の権利者(著作権者)は著作者ではなく、著作権を譲り受けたり、相続したりした人ということになります


著作者人格権は譲渡できないため、
著作に落ち度があれば投稿者側の責任が問われることになります。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 なるほどそういうことですか。納得しました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ