人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

セキス炭酸ソーダを歯磨き粉として使用すると何かマズイ問題でもありますでしょうか?

最初は重曹で歯を磨こうかと思ったんですが、セキス炭酸ソーダというものは重曹の10倍のアルカリ性ということで、歯磨きにセキス炭酸ソーダを使ったら、無茶苦茶歯が白くなると思いました。

歯磨き粉として重曹、セキス炭酸ソーダを使った際の問題点などありましたら教えてください。

市販の研磨剤が入っているホワイトニング歯磨き粉、アフリカのピールホワイトニング液より効用が高いのは確実です。

重曹は食用重曹、セキス炭酸ソーダはアルカリウォッシュという製品を使う想定で、自作歯磨き粉のメリット、デメリットを教えてください。

使用方法はセキス炭酸ソーダ+ドイツ生まれのメラニンスポンジによる歯の着色汚れの除去(ホワイトニング)を目的としています。使用後に歯のコーティング歯磨きをすることを前提としています。

問題ありますか?




●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● たけじん
ベストアンサー

セスキ炭酸ナトリウムは、皮膚付着時には、ただちに洗浄しなければならない薬品です。掃除に使う時も、手袋する必要があります。
そんなものを口に入れるというのは、どこから生まれた発想なのでしょうか。


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 セスキ炭酸ソーダ(セスキ炭酸ナトリウム)の使用例で布のソファーに直接ふりかけて、掃除機で吸う掃除方法があります。 その場合、皮膚に残留物が付着すると思うのですが大丈夫のようです。 ただちに洗浄しないといけないような品物ならソファーの掃除に使いましょうとは製品でうたわないはずです。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ