人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タバコの毒性とお酒の毒性を比べるとがアルコールの方が有害では?

タバコの有害物質はニコチンで発ガン性がある。
このニコチンという有害物質は50mg以上で毒性が認められている。

ニコチン保有1mgのタバコを1日に50本以上、5mgのタバコを10本以上吸わなければ人体に毒性は与えないとされる。

次にアルコールは実際無毒性ですが250mlから毒性が認められる。

しかし、お酒のビールは缶ビールで350mlで1缶として売られている。
350ml缶ビールの方は毒性が発生している。

なぜ飲酒メーカーは250ml以下で売らないのか?

飲酒メーカーは1缶で毒物を売っており、タバコメーカーは1箱で毒物以下で売っている。

飲酒メーカーの方が有害物を売っている。
ソフト飲料は350mlで良いがアルコール飲料は最高でも250mlで売るべきでは?

なぜ大手飲酒メーカーはアルコール飲料を350mlで売ってるんでしょう?

●質問者: cawbridge2013
●カテゴリ:グルメ・料理 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
ベストアンサー

・たけじんさんがおっしゃる使い方は、通常の喫煙ではない別の使い方です…。
アルコールも飲酒以外の使い方で害を大きくすることがありえますのでどっこいです。

・実際のパッケージサイズは、酒税・たばこ税こみの実費と気軽に買える値段のかねあいで決まっていると思いますよ。
・ジュースの中にある糖類も糖尿病の人には失明をもたらしかねない毒ですが、なぜ350mlで売っているのでしょう?
共通の缶サイズであって安くつくれ、健康な人なら手頃に飲み切れるからじゃないですか?


cawbridge2013さんのコメント
回答ありがとうございます。 タバコはたまたまそうなっただけですか。 タバコメーカーが健康のことなんか考えているわけがないですよね。 なんせ発がん性物質を売ってるわけですし。 飲料メーカーも健康を気にして売ってる会社ではないですね。 よくよく考えたら医薬品メーカーぐらいしか人間の健康を気にしている会社はないことに気付いた。 毒を売りながら健康サプリメントも売ってるから飲料メーカー=健康を意識していると勝手に感覚が麻痺していたようだ。

なぽりんさんのコメント
感覚がマヒっていうか、考えすぎです。 だれもそんな深く考えてないですよ。 大多数の健康に問題のない人がよろこんで買ってくれりゃそれでいいんです。 お米だってアレルギーのある人がいる世の中なんですから。

2 ● miharaseihyou

一番の問題は依存症です。
アルコール依存とニコチン依存ではニコチン依存の方がかなり強い。
それと、コレは結果から言えるのですが、覚醒剤などの禁止薬物に依存してしまう人は必ずタバコを吸います。
アルコールとの関連はまちまちです。
ニコチンによる多幸感が薬物依存の入り口になってしまう場合が多いのです。

タバコの場合は受動喫煙という弊害もあります。
一人が吸うと周りの人全てに害をおよぼすのです。
妊婦の喫煙による胎児の染色体異常などもあります。
アルコールの場合とは比べものにならない被害が発生してしまうのです。

目指せ一箱2000円以上。
それでも、実際の損害額に比べるとずいぶん安いと思います。
保険料や医療費の上乗せやら、遺伝子異常や清掃費用などなど。

f:id:miharaseihyou:20130913223620j:image



f:id:miharaseihyou:20101117123249j:image

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ