人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

陸軍の将官を「将軍」、海軍の将官を「提督」と呼ぶのは、日本語の独自の慣例でしょうか(いつから、どういうふうに決まったのでしょうか。政府が公式に決めたのか、物書きがなんとなく決めたのか)?。漢字の本家の中国語と比べ、日本語独特の言い方なのか、知っている人がいたら回答を頂けると嬉しいです。なお、中国でもこういう使い分けがあるのでしたら、それは、清帝国の末期からか、また、辛亥革命後の中華民国からか、また、中華人民共和国からか、今も続いているのか、どうなのでしょうか。また、韓国では?
現代の軍隊では、陸軍と海軍のほかに、空軍がありますし、軍種も複雑ですから、もはやこういう使い分けは時代遅れかもしれませんが。

歴史的経緯に興味があります。なぜ、使い分けることになったかも含めて・・・


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

補足:欧米(英・独・仏・西・蘭・伊・露。。。
それから昔のプロシアとオーストリア)でも、
陸軍将官と海軍将官を使い分けるますでしょうか。
今は、空軍将官も特別に使い分けるでしょうか。


1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

提督は、清朝の役職を江戸幕府がペリー(米軍)向けに使ったものをフランス軍向けに転用したようです。

提督 - Wikipedia

軍隊における階級呼称一覧 - Wikipedia


匿名質問者さんのコメント
『提督』の件、有難うございました。 重ねての質問するようで申し訳ないのですが、 「フランス軍向けに転用」とは、どういう意味でしょうか。 幕府がフランスの援助を受けた過程で、 仏海軍の将官の呼び名をどうするか、というときに、 「提督」と呼ぶことに決めた、ということと 理解してもよろしいでしょうか。 ★★★ その後、明治政府としては、「提督」は、海軍の将官である、というような ことは、言ってはいないということなんでしょうか、 なにか、告示か布告かなにかの文章で書いていたということはなかったのかな ということです。 新聞かなにかで、「提督」と呼んだのが、 だんだん、人口に膾炙していったのでしょうか。 結論を急ぎますと、 結局、海軍の将官を、提督と言わず、将軍と読んでも、別に間違いではない、 そういうことなのかな、と思える次第です。

質問者から

匿名回答1号さまの情報により、日本で『提督』の呼称の始まり(きっかけというべきかも)がわかりました。他方、陸軍将官としての『将軍』はどういう経緯なのか、と思います。それ以前の「将軍」は、階級ではなくて、職名ですし、征夷大将軍と鎮守府将軍の二つで、しかも双方とも、極めて権威にある職名ですから。
特に、将軍は、「征夷大将軍」のことで、明治の始めにおいては、太政大臣にも匹敵しそうなくらいな響きのある職名だった筈です。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ