人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「いじめはいじめられる側に原因がある」と考えている人に対して僕の意見
※感情論になってしまっているかもしれません。また、少し強い書き方になっているかもしれませんが、「こういう考えの人がいるんだな」程度に考えていただけるといいです。
いじめに関して、「いじめられる側に原因がある」と言う人がいます。確かに、そうかもしれません。しかし、その「原因」と「いじめ」そのものを切り離して考えるべきだと思うのは僕だけでしょうか?その人に周りが不快になってしまうようなくせがあるなら、優しく教えてあげれば良い。いじめる必要はありません。言い過ぎや批判を覚悟して書きますが、「いじめはいじめられる側に原因がある」というのはいじめを許しているのと同じだと思います。以上です。この文章で気分を害した方がいたら申し訳ありません。こんな僕に対する意見などを、お寄せいただけると嬉しいです。

●質問者: のっぴー
●カテゴリ:学習・教育 人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● you1982

まったくその通りだと思います。

たとえば、お金を盗むのは、相手が誰であっても犯罪です。たとえ、胸ポケットに財布を入れたまま酔っ払って寝ている人から盗んだとしても、被害者の落ち度を理由として罪が軽くなることはありませんよね。

被害者にどんな落ち度があっても、それはやってはいけないことをやって良い理由にはなり得ないと、私も思います。


2 ● highlevel-pear697

「いじめられる側にも原因がある」を言葉のままにとらえるのではなく、言葉の真意を理解する必要があります。
どういう意味かというと、いじめられる側が自分の落ち度を理解し、改善するということです。
いじめられる原因は人それぞれですが、いじめられる側が改善させなければ、同じ事の繰り返しになると伝える側は考えているのです。
たしかにいじめは悪い事であり、いじめる側が排除されるべきなのは明白です。しかしながら、いじめは必ずあります。場所が変わろうが、環境が変わろうが、年代が変わろうが、国が変わろうが必ず存在するのです。
犬や猿、チンパンジーの群れを見てもそうですが、自然界でも当たり前の様に存在し、弱いものは淘汰されています。
ですから、弱い者は淘汰されないようどうすれば生き残れるか考え、実行しなくてはなりません。
いくら人間に理性やモラルがあるといってもこの点において他の動物とさほど変わりません。
…とこんな理屈をいじめられて精神的に参っている相手にグダグダ話しても通じませんよね?
だから「いじめられる側にも原因がある」と簡略化して話しているのです。言葉の真意を考えるのも人として生き残るのに必要ですから。


のっぴーさんのコメント
ありがとうございます、僕は言葉の意味を深く読み取ろうとしなかったのかもしれませんね・・・

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ