人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラ氏は、が死去されました。氏は、投獄されていたころ、アフリカーンス語を学び、獄吏と会話を始めたそうです。ということは、当時の南アフリカでは、一般の白人はアフリカーンス語を日常会話で使っていたということらしいのですが、彼らは学校教育でもアフリカーンス語であったのでしょうか? つまり、英語は使っておらず、あまり喋れなかったということでしょうか。

では、黒人側は、何語を話していたのでしょうか、いろいろな部族の言葉でしょうか? たとえばズールー語などとか。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD#.E8.A8.80.E8.AA.9E
かなり複雑なのですがこちらに説明されています。

> 当時の南アフリカでは、一般の白人はアフリカーンス語を日常会話で使っていたということらしい
その通りです。今も使われていますよ。アフリカーンス語の新聞などもあります。

> 彼らは学校教育でもアフリカーンス語であったのでしょうか?
はい、そうです。Wikipediaに詳しく書かれています。

> つまり、英語は使っておらず、あまり喋れなかったということでしょうか。
アパルトヘイト時代、基本的に、英語は都市のエリート層が使う言葉でしたが、それと同時に多言語国家の共通語としても使われていました。そういう共通語を使う必要がない層の人たちは使う機会がないので、仮に学校で英語を習ったとしても、あまり使えなかったのではないでしょうか。

ちなみに、弁護士を職としていたマンデラさん(エリート層)も英語を使っていました。

> では、黒人側は、何語を話していたのでしょうか、いろいろな部族の言葉でしょうか?
はい、そうです。ズールー語のほか、コサ語、ツォンガ語などがあります。


匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 一般白人は、英語が使えないということも、十分ありえたということがわかりました。 白人でもエリートではない層も同然にあったわけですね。

匿名回答1号さんのコメント
お役に立てて何よりです。 元々アフリカーンス語(オランダ系)と英語(イギリス)は敵対的な関係なので(ボーア戦争)、「わしゃあ意地でも使わん!」という人もいたと聞いています。 マンデラさん、今日埋葬ですね。 マンデラさんが残してくれたものに感謝しつつ。

匿名質問者さんのコメント
ボーア戦争で敵対的な関係であった・・・・ そうだったのですね。 そういえば、デクラーク大統領、オランダ系のような名前ですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ