人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カメラのレンズに詳しい方教えてください。

37mmまたは52mm treaded mountのレンズを搭載可能なカメラに、50mmのレンズを載せたいときのアダプタを探しています。検索キーワードもわからず、動画関連のサイトばかり上がってきます。本体機種やレンズを色々お持ちの方なら常識なのかもしれませんが、キーワードだけでもいいので教えていただけないでしょうか。
(載せたい50?というのはNIKKORなのですが、この数字が焦点距離なのかそれとも違うのかもわかっていません)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

質問者から

アダプタというのは「DOFアダプタ」です。


1 ● 匿名回答1号

treaded mount ではなく threaded mount ではないかと思うのですが、
52mmというのは聞いたことがありません。
メーカーや機種等が分かればマウントの種類を特定出来るかもしれません。
37mmは、オペママウントかM37マウントかと思われますが、
おそらくM37マウントではないかと思います。

NIKKORということは、おそらくニコンFマウントではないかと思われます。

マウントアダプターにとって重要になってくるのは口径とフランジバックではないかと思います。
例えばM37マウントのカメラにニコンFマウントのレンズを付けようとすると、
M37マウントは内径37mm、フランジバック45.5mmで、
ニコンFマウントは、口径44mm、フランジバック46.5mmですから、
フランジバックにも口径にも余裕が全くありません。
この場合、アダプターを作ったとしても、無限遠に合焦することは不可能です。

ニコンFマウントのレンズをキヤノンEFマウントのカメラに装着するアダプタは存在しますが、その逆は存在しません。
もし作ったとしても無限遠にはピントが合いません。

しかしNIKKORは他にもニコンSマウントやライカLマウントなどを出していましたので、
ニコンFマウントでなければ可能性はあるかも知れません。


匿名質問者さんのコメント
threaded mountでした。NIKKORもFマウントです。ご指摘ありがとうございます。 NEEWER37mm等ならそのまま装着可能で、その他魚眼レンズ等の52mmはステップアップリングをつけたら装着可能、ということでした。 ニコンFマウントはご指摘の通りそのまま口だけ変えて載せることはできないらしく、DOFが必要になるようなのですが、現在見渡したところ「市販品で37mmにニコンFマウントを搭載可能にするDOFアダプタ」というのはどうもなさそうです。焦点距離がようやくわかりかけてきたような素人ですが、教えて頂いたフランジバックについてもっと勉強してきます。ありがとうございます。

匿名回答1号さんのコメント
37mmまたは52mmというのは、ひょっとしてフィルター径ではないでしょうか? もしそうなら「レンズ裏ぶた(現行はLF-4)」を切断し、そこにステップアップリングを接着するのが手っ取り早いです。 ピントが合うかどうかは別として、とりあえず付きます。 別回答にあるリバースアダプターは、接写するためにレンズをより前方へ繰り出すために用いるものです。 例えばFマウントのフランジバックは46.5mmですから、焦点距離50mmのレンズは、マウント付近にレンズがあることになります。(実際はもっと複雑なのですが割愛します) ピントリングを回せばレンズは前方に繰り出されますが、せいぜい数センチです。 このレンズを逆さまに付けると、通常5センチ程度前方に繰り出され、約1:1の接写が可能になります。 もちろん像が反転するわけではありません。

匿名回答1号さんのコメント
「DOF」とは、我々の業界で「被写界震度」を指します。 極狭い被写界震度を得るため、一眼レフカメラのファインダースクリーンを撮影する手法を用いたものに「DOFアダプター」と呼ばれるものがあります。

匿名質問者さんのコメント
ボディからレンズまでレンズにはそれぞれ適正な距離というものがあって、ただ口を合わせるだけだと近すぎるから筒の長さが必要、という理解で合ってますでしょうか? その「ファインダースクリーンを撮影する手法」のための解説ページならよく上がってくるのですが、、、。 NIKKORはSLRだからDOFアダプタがいる、ということでした。他のレンズ同様、ステップアップリングをいくつかつなげて筒の長さを合わせるだけではダメなのでしょうかね。。SLRがこれまたわからないので調べています。

匿名回答1号さんのコメント
まずSLRは、イメージセンサーの対角が約17インチと大きいです。 この大きなイメージセンサーに大きなレンズを付け、被写体に寄るから背景がボケるのです。 SLR用のレンズを小さなイメージセンサーのカメラに付けてたとしても、 イメージサークルの中心部しか写りませんのでボケません。

2 ● 匿名回答3号

質問の意図をはかりかねているのですが、とりあえず、37mm、52mm、DOFなどのキーワードで検索して出てきたページです。
こんな感じの話なんでしょうか?
Cinematic focusing: 35mm DOF adapter how-to | hisham khalifa

このページで紹介されているのは、ステップアップリングやらリバースアダプターやらをいろいろつなぎあわせてDOFアダプターを自作している、というような話みたいです。
ステップアップリングというのは口径の異なるレンズフィルターやコンバージョンレンズを取り付けるためのもので、いろんなサイズのが売られています。
上のページでは37mm-46mmと46mm-52mmの2つが使用されていますが、37mm-52mmなんていうのもあります。
それでフィルターの口径52mmまで変換したら、マクロフォトレンズを経由してリバースアダプターを付けてニコンの50mmF1.8レンズを逆向きに付けている、というような構成になっている模様です。
リバースアダプターというのは接写で高倍率撮影をする場合にレンズを逆向きに取り付けたりすることがあるのですが、そういった用途に使われるアダプターです(ここでは紹介していませんがニコン純正じゃないのもあるみたいですね)。
他にも接写リングやらフォーカシングスクリーンやらをいろいろくっつけてDOFアダプターを自作している、みたいです(理屈はよく分かってませんが)。
以上適当な推測からの回答です。的外れだったらすいません。

Kenko レンズアクセサリ ステップアップリング 37-52mm(P=0.75) 小口レンズフィルター径変換用

Kenko レンズアクセサリ ステップアップリング 37-52mm(P=0.75) 小口レンズフィルター径変換用

フィルター径変換リング | ケンコー・トキナー

Nikon BR-2A リング BR-2A

Nikon BR-2A リング BR-2A

ニコン「BR-2A/3リング」


匿名質問者さんのコメント
URLありがとうございます。まさにそのような自作が必要なようです。 レンズはたくさんあるからアダプタもそれなりにたくさんあるはず、と思ったのは完全に素人の早合点で、ebayにあっても自作だったりします。 リンクにあるような「シンプルなアダプタをつなげて口径と焦点距離を合わせつつ、37mmをニコンFマウント用にDIYするしかない」ような気がしています。 しかし「接写で高倍率撮影をする場合にレンズを逆向きに」ということですが、他のレンズはそのまま口径を変えるなりして装着するだけでよいのに、なぜNIKKORのようなSLRだけDOFで逆さまにしてやらなければならないのでしょうか??接写しないでいいから撮影後に180度回転させます!と思うのは素人の発想なのでしょうね・・もっと勉強してきます。キーワードを色々とありがとうございます。

匿名回答3号さんのコメント
市販品ということなら、ここに出ているLetus35 Miniが37mmからニコンAiマウントに繋げられるDOFアダプターになるのかな。 [http://www.raitank.jp/archives/615:title] [http://letusdirect.com/cart/letus35-mini.html:title]

匿名質問者さんのコメント
1つめのリンクがなにやらソレっぽいかもしれません。じっくり読んできます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ