人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中国の怪談集を探しています。
子どもの頃に読んだのでうろ覚えですが、どうしてももう一度読みたいので、どなたか思い当たる本があればご回答下さると幸いです。
記憶違いもあるかもしれませんが、思いつく限りの情報をあげます。

・特定の時代の怪異譚等を集めたもの。宗代だった気がしますが、違うかもしれません。タイトルに時代の名前が入っていたと思います。
・文庫で2〜3冊だったような気が…。子どもが読むにしては小難しい感じでした。
・理不尽な、自然現象的怪異の話が多い。1話はごく短い。
・彊尸の話複数。特に、遺影を描いていた絵描きが尸に追いかけられる話を覚えています。
・最後の方に、猿の骸骨をめぐる長めの話が収録されていた。

『聊斎志異』や岡本綺堂の『中国怪奇小説集』は違いました。宗代に書かれた怪談集はいくつかありますが、どのタイトルもピンと来ないので、1作品の訳書ではなくアンソロジーではないかと思います…。
思い当たる本がありましたらぜひお教えください。お願いいたします。

●質問者: kaerunoken
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sibazyun

「唐宋伝奇集」(岩波文庫で上下の二巻)というのがあります。
たとえばhttp://www1.cnc.jp/issatu/memo/memo6.htmlに読後感がのっています。 いかがでしょうか。


kaerunokenさんのコメント
お返事ありがとうございます!感想のリンクまで。 昔読んだのは『唐宗伝奇集』ではなかったようです。 しかし馴染みのある話も多くあり、懐かしい気持ちになりました。 素敵なアンソロジーをご紹介いただきうれしいです。

2 ● meefla

「文庫で2?3冊」で、「唐宋伝奇集」ではないのなら、平凡社・東洋文庫の「唐代伝奇集」(前野直彬編訳)ではないでしょうか。

唐代伝奇集 (1) (東洋文庫 (2))

唐代伝奇集 (1) (東洋文庫 (2))



唐代伝奇集 -- 作品名別 -- 総合図書大目録 で、1巻の最初だけですが立ち読みができます。
ご確認下さい。


librosさんのコメント
私も岩波文庫の『唐宋伝奇集』でないとしたらこれかな、と思ったのですが、 東洋文庫って新書サイズ(縦18cm)でハードカバーですよね。文庫として記憶に残るだろうか、という点が気になります。上の画像は箱の表紙画像で、本体は緑色の布張り、背表紙のタイトルは金の箔押し、という装丁になっています。 [http://kijitoramamehonn.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_156/kijitoramamehonn/E69DB1E6B48BE69687E5BAAB.jpg?c=a1:title=こんな感じ。]

meeflaさんのコメント
libros さん、ご教示ありがとうございます。 そうか、だから定価が1400円台だったり、ネットの立ち読みで版組みが二段組みだったのか。>< 文庫にこだわると、講談社文庫の「中国怪奇物語」(神仙編、幽霊編、妖怪編の三冊)くらいしかなさそうですが、時代の名前は入っていないですしね。 http://www.dotbook.jp/kd_ondemand/sample/KODB300920_S.pdf http://www.dotbook.jp/kd_ondemand/sample/KODB300950_S.pdf http://www.dotbook.jp/kd_ondemand/sample/KODB300970_S.pdf うーむ。

librosさんのコメント
とはいえ、東洋文庫は普通のハードカバーよりずっとコンパクトでハンディなので、小さい本だった、と覚えていても不思議ではありません。どうでしょうか。 この質問にはとても興味を持っていて、お探しの一冊が見つかればいいなぁと思ってます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ