人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

将官の総称に『将軍』という文字を用いる経緯:明治直前まで、『将軍』は特別な意味がありましたのに・・・。どういうイキサツで、将官を「将軍」と呼ぶようになったのでしょうか?
明治政府の高官のどなたかが使い始めたのでしょうか?あるいは新聞記者が。

なお、
漢字文化圏である「韓国や台湾でも、陸軍の将官のことを、「将軍」と呼ぶのでしょうか。それとも、将軍という呼び名自体、存在しないのでしょうか。大将や中将などを含めた呼び名として、便利な呼称だと思います。

北朝鮮では、「将軍」という呼び方があるとのこと、WIKIPEDIAに書いてありましたが、韓国ではどうなんでしょう。また、台湾でも、昔の、近代以前の中国の歴史では、「将軍」ということばがあったと思いますが、中華民国として、役職や、階級名、また、そういう呼び方や敬称などあったのかな、と思いました。




海軍や空軍についてはどうでしょうか。
参考: http://q.hatena.ne.jp/1386392284

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

【限定用法の形容詞】 (比較なし) 将官級の.

generalの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

匿名質問者さんのコメント
有難うございました。英語のgeneral の翻訳語として、将官を当てたのだと思われます。

質問者から

どういうイキサツで、陸軍の将官級の人を、「将軍」と呼ぶ慣例がでてきたのか、疑問に思っています。
明治政府の太政官告示とか、兵部省の文書に出てくるのでしょうか。幕府の外交文書に、外国のジェネラルの訳として、「将軍」が使われていたのでしょうか。それとも、幕末明治の大量の外国文献翻訳の中で、学者の方がそのように訳し始めて、だんだん定着したのでしょうか。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ