人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Office2010 ボリュームライセンス版のばら売り

MS-Office2010 の購入を考えています。
営業妨害になるといけないので具体的な業者名とURLは伏せますが、ダウンロード版と称してボリュームライセンス版のばら売りをしている業者さんを見かけますが、これってOKなのでしょうか?

●質問者: GM91
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sourd
●1ポイント

OKではありません。
公式サイトには以下のように説明がされています。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/prodinfo/default.aspx

日本国内向けのソフトウェアのダウンロードによる販売は 2013 年 11 月現在、Amazon co.jp 外部サイトへリンクします (マーケット プレイスを除く)、ヨドバシ.com 外部サイトへリンクします、Vector (ベクター) 外部サイトへリンクします、Joshin ネットショッピング 外部サイトへリンクしますの 4 社と Microsoft Store からのみ提供されています。これら正規の販売代理店以外のサイトからソフトウェアをダウンロードして入手することは日本国内向けには認められていません。


GM91さんのコメント
説明不足ですみません ダウンロード自体は正規のサイトからやるようです。 質問はボリュームライセンス版のバラ売りについてです。

2 ● bg5551
●50ポイント ベストアンサー

一言にボリュームライセンスと言っても契約の種類は多数ありますので特定できませんが、ライセンス記号だけを販売するのは極めて黒に近いと思います。


GM91さんのコメント
私の知る限り、MSオフィス2010のボリュームライセンスは、ばら売りの転売は認めていないのではないかと思うのですが、例外があると言うことですか?

bg5551さんのコメント
契約ライセンス数全てを法人への譲渡は可能です。 それをバラしての販売はダメなはずです。 ただ、ネット上では売られていることがよくありますが、それで摘発されたというのも私が知る限り聞いたことがありません。 もしかすると、あまり表立っていない所で損害賠償請求等をされているかもしれませんね。

GM91さんのコメント
なるほど

3 ● SweetSmile1978
●49ポイント

マイクロソフトのサイトはどんどん情報がとりにくくなっていきますね

ライセンス簡易ガイド
ボリュームライセンスのライセンス譲渡方法
http://download.microsoft.com/download/0/8/5/085E7D99-824A-4351-8B2C-46A76C3194FA/license_transfer_jp.doc

Open Licenseのプログラムに基づき購入されたソフトウェア ライセンスは、以下の場合に限り譲渡が可能です。

 関連会社に対する譲渡
 合併、整理統合、または分社化に起因する譲渡

ソフトウェア ライセンスを譲渡する際には、ひとつのライセンス認証番号に基づいて取得された全てのライセンス(ソフトウェア アシュアランス等のアップグレードライセンスも含む)、及びこれに関する付帯物(オープンライセンス ライセンス証書若しくはオープンライセンスご発注確認書、一切の使用許諾契約書および修正契約書、オープンライセンスに基づき取得したすべてのマニュアル、関連ドキュメント類)及び、当該ライセンス認証番号にかかるすべての権利(追加購入の権利も含みます。)を譲受人に引渡し、これらにつき一切の複製物を保持してはいけません。(他の使用許諾契約により保持が認められている複製物は除きます。)
例:ある認証番号に基づいて、3回にわたり20ライセンスずつを購入した場合には、同認証番号の基で取得した計60ライセンスを譲渡しなければなりません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ