人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よろしくお願いします

●質問者: kirakira01
●カテゴリ:コンピュータ
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

論文で使用する分析について、教えてください!

私は論文で大学財務を対象とし、分析しています。
こまかい説明は省きますが、「教育費」の推移を考察しています。
その分析の過程で国立大学の財務を85校全て収集し、統計的な分析も行うこととなりました。
分析では、「教育費の増減」において、「(1)どのような学校種(たとえば、単科大か総合大か、また文系学部を有しているか、など)で増減が発生しているのか」ということと「(2)どのような要因(これは、「総支出の増加」と「総支出に対する教育費の割合の増加」の2つです)によって増減が発生しているのか」という点を分析する必要があります。

当初、(1)と(2)でそれぞれ別に、教育費の増減との重回帰分析を行いました。
ところが、教授から「(1)と(2)の関係を明らかにし、それをもって最終的に教育費との関係を考えるように」と指摘されました。
特に、「総支出の増加」と「総支出に対する教育費の割合の増加」の2つの要因について、それぞれ学校種による関係を分析し、それによって最終的に教育費の増減を説明せよ、という指摘です。
しかも教授の説明では、(2)の2つの要因から教育費の増減の計算式が(回帰式的にではなく、数理的に)作れるので、それと(1)を関連付けるようにと言われました。

その教授が指摘した教育費の計算式は以下の通りです。
D1-D0=(G1-G0)*P0+(P1-P0)*G0+(P1-P0)(G1-G0)
D…教育費
G…総支出
P…教育費の割合
「1」と「0」は、比較をする時期です。

教えていただきたいのは、
上の式において、教育費を2つの要因で既に数理的に説明されているものに、重回帰などによる(1)の要因分析を加えることができるのか。できるのであれば、どういう風な手法や計算によってやるのか。
という点です...(*o*)

アホな私にご教授いただけませんでしょうか!!



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ